戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

報道の偏見

2017-10-07 09:44:48 | 軍事と政治
読売新聞は「希望」の公約を急ごしらえと説く。政党は
この度の選挙によって急遽立ち上げたものである。前々
から公約があったものではない。私は大新聞の偏見と見
る。公約の内容は大いに戦わせてもよい。読者に先ず偏
見を与える行為は如何な者か。

選挙戦が始まってから離党者が出る。マスコミは追いか
ける。離党の理由を問う。党の有り方を批判する。だが
先ず初心に帰れ。己の未熟のなせる業ではないか。お銚
子者と評されても致しかたない。追いかけるマスコミの
定見の無さを指摘したい。公約についての討論は新旧に
関係なく戦わせればよい。人間関係のあぶり出しがマス
コミの公器の公平さを失わせる。

小池都知事が「希望」の党首として出馬すれば、東京都
知事職はどうなる。東京は一挙に混乱を来たす。慌てず
経済の立て直しを東京から起こせ。財政出動と金融緩和
してもこの30年間GDP(国内総生産)で1.5倍、米国
4.1倍、英国4.9倍、韓国7,8倍、中国75倍とAERAは言
う。日本国内だけの経済政策は失敗に陥ている。日本病
とまで言われている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信頼など成立するのか外交の正否 | トップ | 外交やリベラルだけで国を護... »

コメントを投稿