戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

「謝りたいと存じます」これ謝罪しているの

2017-07-31 10:06:44 | 日記
安倍総理の稲田防大臣の問題で「謝りたいと存じます」謝りたいとは希望する助動形容詞、
単に水を飲みたいと同程度、決して本心から謝罪していない。なぜかというと、素直に「謝り
ます」と言えない社交辞令に過ぎない。また「任命責任は私に有ると言いながら責任の取り方
が決まらない。偶々中川俊直代議士のごとく生き恥をさらしても謝罪行脚する鉄面皮、人とし
遣っていけない行動を誤りたいと言う。総理に習った悪例だ。此の期に及んでも将来の女性
総理候補今まで何人挙がったことだろう。実力と人格が到達しない見掛け候補に使える身に
なってみろ。本当に謝りたいなら「謝ります」と明確に日本語で国民に語れ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法に身を固めた上に愛情のな... | トップ | 閣僚入れ替えても総理周辺の... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL