戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

「希望」党首の苦悩の元は専門者会議にあり

2017-10-09 10:44:35 | 軍事と政治
豊洲市場の地下の土壌問題が発端で、専門者会議の無力
さ即ち人選の過ちである。何のための専門家会議を弁え
ず、現状糊塗案に溺れ、決断を鈍らせたことにある。再
調査の同じ専門家を使う愚を犯した。今日までコンクリ
ート打ち込み入札が2度も不成立、都庁の混乱が希望を
失わせた。現場をよく見て現場の声を聴き、実行できる
決断が必要だ。政党の立ち上げは止むに止まれぬ事情は
理解できるが、参謀不足、党首に頼る点何と言われよう
と船出した「希望」は沈めてはならぬ。党首の力量を信
じ勝ち名乗りを期待する。情報公開と憲法改正、庶民の
給料引揚げの経済政策は実行願いたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外交やリベラルだけで国を護... | トップ | 日本の政治改革論点は何か »

コメントを投稿