戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

韓国大統領の選挙の及ぼす行方

2017-05-09 19:28:06 | 日記
大統領候補者に親日派は存在しない.朝鮮の南北統一の民族の悲願は、民族としては受け入れやすい。現実は経済力から軍事力に至るまで今までアメリカに多くの部分を依存してきた国が、統一と言う困難な道を選んだ以上北の指導力に多くを抑えられ、アメリカと日本とは、敵対する立場となる。しからば日本はどうかと言うと、アメリカの戦略が大きく変化し、日本列島の防衛に決定的変化をもたらす。太平洋が主戦場となる事もありうる。日本の自衛隊、専守防衛を唱えながら、アメリカ抜きでは専守もおぼつかない。列島が広範囲であることと、専守防衛の機械化と言うかロボット活用と言うかそれ相応の防護線も存在しない。

朝鮮が南北統一にはしる前に、逃亡者が多発する。これらは中国、ロシア、主力は日本列島を目がけること必定であろう。生活水準の落差、エリートコースを目がける学生並びに卒業者の就職先など、社会問題に発展する要素を持っている国だけに心配だ。これらが、短時間の後に、民衆の暴動とならなければよいが、其の危険大である。日本人にも多くの朝鮮系の系列を持つ人もすくなからず存在する。政府は速やかに、日本の立場を表明し、何を護り、何を捨てるか取捨選択を明確にし、無用の動揺を未然に防止する対策が必要だ。今まで日米韓一体の行動を辛うじて維持してきただけに、政府間の協定も護れないに至っては覚悟が必要だ。明日からのニュースには重大な要素が含まれる。総理の近辺整理にも英断断行を必要とする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界文化遺産のユネスコ登録... | トップ | 前言を撤回しても夫人の言動... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL