戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

雉も泣かずば撃たれない

2017-03-09 09:46:09 | 日記
自己弁護にこれに相務め、やたらと他人を攻撃する様は雉のように映る。先ず己を十分反省すべきを、先に敵をやっつけようとする奇声に、古傷をえぐられる。瑕疵の条件は、不動産取引なら、知らなかったで済ませる問題でない。銀行貸し付けでもなぜ根抵当とか、担保を取るのか。計画通り事業が進むなら苦労はいらない。専門家にもピンからキリまであり、同じ技術者と言っても、土建もあれば、精密機械、ロボット機械も素人からなんでも知っている技術の専門家と思う。経済学者が皆金持ちになれるなら苦労はいらない。銀行経営また同じである。知ったかぶりは大怪我の元、何も知らぬ乗っかているだけの冠都知事なら百害有って、得るところなしだ。古傷を持ち出され裁判沙汰の噂を聞くにつけ、人間原点に返り、謙虚で有終の美を飾つて惜しまれる人間であれ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲市場が安全と言う専門者... | トップ | 寄りによって納税シーズンに... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL