戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

国家資格の交付の弱点

2017-10-05 10:41:21 | 軍事と政治
例を挙げて考えて見よう。
 ① ボイラなどの圧力容器の溶接は国家資格がいる。
   試験片はチェックされるが肝心の溶接は誰が溶
   接したかは立ち会っていない。代理人が溶接し
   ても溶接されたものでは判別がつかない。
 ② 日産自動車の完成出荷の検査は資格がいると言
   う。ただの印鑑でなく検査員と名前の印鑑でな
   いと、無資格者が登場する。
 ③ 自動車運単講習所の免許交付教育時アクセルと
   ブレーキの訓練を厳重にチェックしないと事故
   は自動化のみに頼っては無くならない。意識の
   問題である。徹底するん迄免許を交付すべきで
   ない。車の売り込みに偏った安易な交付はすべ
   きでない。
 其の他諸々の安全に対する国家資格は、所管の部署
 が、マンネリにならない緊張が必要で、儲ける前に
 職務を再点検すべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 完成検査の形式化 | トップ | 信頼など成立するのか外交の正否 »

コメントを投稿