戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

国家間の信頼関係は夢のようなもの

2017-09-09 14:00:07 | 軍事と政治
地球上或る種の形態をなす国家は相互信頼より、覇権国家の
疑心暗鬼による国家体制の維持のため、信頼できる国家など
ありえないと外交を行っている。ロシアと平和条約締結を最
終目的としその間北方領土返還を目論む経済特区を設定した
経済支援で頻繁に交渉中だが、たまたま北朝鮮の核による日
米韓との間の国連決議を無視した威嚇的態度に対する考えに
徹底的な違いが生じた。勿論各々の国の国内、国外の大きな
問題を抱えているので、同調の難しさが明らかとなった。
国境を接する他国との関係は紛争の火種となる。一方米ソの
関係は、基本的に異種ゆえ米ロに軍事上の機密が存在する場
合本心が漏れないことが如何に大事かは信頼関係で打破でき
る範疇になく夢物語に也はしないか。個人の力が及ばない問
題である。努力はかえても永遠に続く難問である。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核兵器を知らずして対核兵器... | トップ | 死について »

コメントを投稿