戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

病院店頭に突っ込む事故と学童行列に飛び込む自動車事故について

2017-05-04 10:44:11 | 日記
病院や店頭のガラスを突き破っての自動車事故、例によってアクセルとブレーキの踏み間違いと言う。運転者側の対策は屡々提案されるが、遅々として解決できない原因は何故だろう。

学童行列に突っ込む無謀運転、此れには視覚上の欠陥が潜んでいるように思われる。退避する児童を追いかけるがごとく、吸い寄せられるような脇見運転でない不吉な解明されていない原因が必ずある。一般道路での片側にコンクリート塀のような遮蔽物が有るところで、頻繁に事故多発するの例もある。子供の列は乱れやすく絶えず移動することが、案外運転者に錯覚が起きる恐れはないか。昔軍のトラックで頻繁に連絡事故を調査したら、フロント硝子の歪が、疲労となっての事故と判明した。今では考えれるぬ事故だった。何処まで原因に調査が進んでいるか知らないが、またぞろ起こる事故がない事を望むが、未解決なら至急究明願いたい。

店頭飛び込み事故は、病院やガラス張の店頭は、車をその前で防護する丈夫な防護壁を設置し、他人に死傷者が出ないことを、至急とるべきで、運転者の自覚に任しておけない緊急処置である。国もさる事ながら、地方自治体の安全に対する怠慢ではないか、年中飛び込まれてる事故も或ると聞いたことがある。アクセルとブレーキの踏み違いには、ペタル位置の高低を付け、ブレーキペタルの感覚の違いを明確にすべきだ。運転が楽と言う事に惑わされずに事故防止を阻害しないことを徹底すべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自国の事のみ専念して他国を... | トップ | 安倍総理の憲法改正の狙いは... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL