戦争は政治である

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

自民議連曰く、喫煙は憲法上の権利、ならば公害拡散防止の義務は何処に

2017-03-07 19:38:45 | 日記
一言でいえば、意思の薄弱にある。28年間実践した経験上断言できる。憲法を持ち出すまでもなく、健康上の有害は証明されている。ある時期をいかに乗り切るかの問題である。職場での長時間被害を受けている人の事を思い出せ。我が家の方が時間的には短いことが多い。親子兄弟の受ける被害より他人に与える被害を真っ先に考慮えよ。これが人道だ。憲法で生きているのでない。指導者が迷っていては禁煙は覚束ない。堂々とオリンピック、パラリンピック開催地として世界をリードする絶好のチャンスである。公共の福祉に関する限り優先されるべきである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の政党はいかに有るべきか | トップ | 元東京都知事石原慎太郎の腑... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL