戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

教育から人材育成を軽視した結果はこうなる

2017-06-22 19:47:38 | 日記
東大卒、ハーバード大卒、何がえらいのか。アメリカかぶれで、自分より下の人だと侮る偽エリート思想の持主が、国会議員に現れた。東大はなにを教えたのか。アメリカに行って日本人のすばらしさを学んだ人もおれば、謝ることをしない悪習に染まり、国会議員として採用した政党の無知、やがて恥ずかしげも無き自民党の離党を飲まされたような議員が在職する国会の無力さ、何より教育の基本が間違っているのではないか、猛省を促す。先ず教育に向かう信念が何処にあるか。一人ひとりに問いかけたことがあるのか。日教組を怖れ教育の本質、人材の育成にある。いなの世代儲けることが最優先、大事な時期に自分を磨く、知恵を磨くのでなく人間として生まれてきて、総てが平等なんてありえない。大学まで無償化する前に困難のも耐え勝ち己の道を経済的欲求を満たす道をあまりにも求めすぎる。正しい道を買って出る勇気、意外なところに現れる。本日のニュースでも、朦朧としたトラックに自分の車が壊れても,事故を最小限にと行動を起こした青年に絶大な感謝の念で称賛する。これが人間教育なのだ。逃げ回る国会議員の節操のなさはけっして大物にはなり切れない。小粒の唯の数の一つに過ぎない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何事をやるにしても万人に良... | トップ | 都議選が開始されたので投票... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL