戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

米の新規原発運転を日本も参考にせよと言う読売の社説

2016-10-25 09:48:41 | 日記
日本で問題にしている点は、原発の機械の技術より、人的な被害がでない安全性にある。火山、地震の多発国、周囲は海に囲まれている島国である。地球の岩盤プレートに乗っかているので、他に移動することもできない。ここに天災が発生して、原発そのものは破壊されなくとも、電力を送る送電線、最終需要者も破壊されたら、せっかくの電力は何処へ行く。即発電を停止できない現状では、猶更ではないか。発電所建設の選定に不可欠なのは、安全第一の思想を持つ避難地、経路、補給路等一に総合的能力にある。。近々巨大地震も俎上に上る時期読売新聞社説に安全に一言も触れず日本も参考にせよとは、国民を愚弄するに等しい。原発技術一つとってみても、「もんじゅ」連続した整備不良と言うか、怠慢な原発行政は、刷新しない限り、認めるべきでない。原発技術の連続性は、本来は温存する技術かもしれないが、地球破壊、人類滅亡の危険を孕んだものは、温存すべき技術とは言えない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 補助金まで出して副業、兼業... | トップ | オリンピック競技場は殿運動... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL