戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

元東京都知事石原慎太郎の腑抜け他人の人格を傷つけて訂正だけで済むのか

2017-03-08 09:44:20 | 日記
都と東京ガスとの豊洲交渉を浜渦副知事に任せ、其の後を青山氏が引き継ぎとりまとめ後東京ガスに移ったとあたかもこの間個人取引を匂わせていたが、時間関係に大きな誤りがあることが判明、釈明書の訂正で青山氏に直接お詫びしたか否か、石原氏の人格を疑わせる。契約書の印鑑、トップが責任をもって署名押印すべきもの、往々にして部下に捺印を任せて事後事件となるケース少なからずある。人を信用するしないの問題でなく慢心させた優秀な部下を身内が殺すに等しい。こんなことにならぬ様自ら記名捺印すべきである。最近のアメリカ大統領の命令にサインする姿はまともで、信用如何の問題でない。それすら知らずに知事が務まったもんだ。自分に向かってくる風を小池知事に向ける厚化粧感覚の消えぬ者が、筑地市場に働く人を見殺しにするのかと息巻くが、天に向かって唾するがごとく、悉くは石原都政の乱脈の結果である。都民立ち上がって老害を正そう。こんな人を総理大臣にしなくて救われた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民議連曰く、喫煙は憲法上... | トップ | 豊洲市場が安全と言う専門者... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL