戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

年頭を迎え平穏無事を祈る

2016-12-31 19:17:44 | 日記
明けましておめでとうございます。今年も平穏無事で過ごしたいものです。世界は激動の時代に突入した感があり、アメリカ大統領の激変が予想される交替、米露の様相も日本の歩みと違いがあるやに見える。沖縄の基地問題は、日本の生命線であり、現状では日米軍事同盟なくしては日本の存在も危うくなる。その間に核の問題が横たわっている。北朝鮮と中国は、核戦力を突如として、始めかねない。この無謀な環境を正しく認識しなければならない。今我々に流れて来る情報は、ものによっては数年も前の情報かも知れない。早い話が、南支那海の環礁の軍事基地化はどんどん進化し、眼に見えない宇宙戦略兵器の開発は、一旦戦争となれば、待ったなしの寸秒を争う危険が迫る。素よりアメリカは、それ以上進化していても、日本だけでも国土の広さは相当なもので、万全を期することの難しさは、想像を絶する。脅しでは無い。政治家の真剣さが何処まであるのか、南スーダンの自衛隊派遣でも、情報の判断に不安を感じるが、実践の伝統のない自衛隊員の覚悟を問われているとき、新規募集のにも支障が出始めているやに聞くが、近代史の正確な認識が基本となる。戦争は政治であると言う。今の政治家の力で、戦争にならない信念をもって日々交渉されておられると思うが、アメリカ軍事同盟に頼った姿勢で良いかどうか充分検証されることを願う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米の同盟は軍事同盟が主眼... | トップ | 平和な生活、今後も戦後の7... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL