戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

政党政治はこうなって欲しも重要だが、い

2017-09-19 11:45:40 | 軍事と政治
基本的理念の明確性
     ① 伝統ある国体の維持 伝統継続重視
     ② 政党政治 首相はまだ公選に非ず
     ③ 軍事、外交の理念の継続性 (独立国家としての矜持)
     ④ 公私混同なき人物,及び数より質の重視
     ⑤ 総理夫人は儀礼的存在、政治に関与出来ぬ
人物の育成は重要事項なるも、日本人は真っ先に日本語、思考的にも
日本的優れた感覚の重視。英語に偏執しないこと。
軍事上なら見て自衛隊の存在は大事だが、この兵力で日本はなにが出
来理のか。兵器の進歩また著しくすぐ過去の性能となる危険、北朝鮮
のミサエルの高度が一歩前進しているかもしれない現状をどう見たら
良いのか。日米協定も重要だが、日本国民に国を護る事の重要性が
理解されていないように見る。戦争は起こらない。がもし起これば
殲滅作戦から始まる。日本国、日本人を護り切る体制が出来ているか、
あの時こう言う対策を取って置けばよかったでは後の祭りとなる。
今回の衆議院解散は、森友学園、加計獣医学校問題の消滅を企てた
結果ではないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売手市場となった労働者の行く末 | トップ | 衆議院の解散と言えばその大... »

コメントを投稿