戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

政党の党首たるには、何が必要か

2017-05-06 20:09:55 | 日記
政治を志し自ら培った知識、識見は人を束ねてゆく力量が必要だ。名参謀でも、大部隊の士気はできない。太平洋戦争でも、部隊の力量を把握して作戦を練らないと、嘗て習った戦術がどんなに優れていても、勝利は難しい。党内を纏めきらずに、個人の考えでは政党は運営できない。政治学者がすべて正しいとは言えない。政治姿勢に人格と識見がなければ、判断が下せない。とことんまで党内の論争を戦わせ、一家言で人を納得させられない。小さい集団の時は、行動が見えていたが、一大集団となると、説得出来る迫力は、人格によってのみ生まれる。大勢におもねると必ず失敗する。野党の議員に願いたいのは、万年野党でなく、日本国をどう生かすか怖れずに議論して、分裂を怖れず、百年千年の息の長い政治に取り組んで欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報に対する暗号の懸念 | トップ | 政治に対する最近の所見 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL