戦争は政治である

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

プレミアムフライデー誰がその価値を見つけるか

2017-02-24 09:57:54 | 日記
3時に帰れる人とはどんな人、通勤に2~3時間もかけてる人、共稼ぎで勤め先が夫婦間で遠近がある人、給料が上がるわけでないのに消費に回せる余裕の無い家庭、子供は塾に、親は消費に現を抜かす、はてさて如何なものかいな。月一度の早じまい、出来るところと、出来ないところは当然出て来る。3時から仕込みに入るところも当然ある。皆勤め人だが、役所と商店では同一にはできない相談である。いかにも名案の如き経済界は政権の御機嫌取りとなっていないか。時差のある広域の商売の人はできない。一斉に実施すれば、込み合うことは覚悟、店はいいかもしれないが、利用する人は、追い立てられた気分となる。経済的余裕があれば身分相応の家庭を重視した休養が取れる。官のお膳立ては、最小限のすべきだ。実のある政治を待望する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防衛副大臣の能力不足の恐怖 | トップ | 自分の意思を証明するのは公... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL