戦争は政治である

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

政治の危うさ

2016-10-17 09:54:02 | 日記
豊洲市場より水銀が検出された。今まで水銀の懸念は話題に上らなかった。東京ガス当時水銀の使用が隠れていたのか、意図的に隠していたのか、明確に願いたい。水銀は水俣でさんざん苦しめた元凶である。売却当時の東京都知事と汚染状況の情報を取り交わした証拠は存在するや否や。

オリンピク委員会が確りしていれば、ことはもっとスムーズに進んだはずだ。第一は総予算の把握能力である。これより場所の選定、工事内容の詳細等、自らの手で出来たはず、小池知事に対する往年の怨念の表れのごとく、リマにマリオを出現の演出は、東京都に鼻を明かさんとたくらんだ形跡がある。女に牙をむけるがごときは、恥を知れと言いたい。

蓮舫氏の二重国籍問題、知らなかったとは言わせない。いやしくも国会議員しかも第一野党の党首で、党員をまとめ切れるのか。纏められたら、党員の方がよほどどうかぢている。今すぐ国政を任せるには些か心

一方安倍総理の小池知事の持ち上げようはどうか。若狭氏の同様、小池知事がいなければ、豊洲市場は今頃どうなっていたか。前の舛添知事のながれを引き継ぎ進めたら将来の葛根を思うとぞっとする。東京オリンピック問題も、組織委員長に元総理の森氏を選任したのも安倍総理だ。自然に任すおつもりか。都民は小池氏の奮闘している実力をあらためて応援している現況をどうご覧になっているか。旧来の政治姿勢を極端に見直さないと、原発問題もさることながら、経済と言えば、金、実質の豊かさを国民に示さない限り、データが示していると言っても信じられない。心の貧困でない限り、人は生きていける。歴史に名を遺すことに拘るな。

世界に神は沢山いらっしゃる。なぜ仲間同士が殺しあわなければならないのか。神がいない方が、幸せではないか。昔戦争の士気を高めるため、軍神が生まれた。少数の御神体がある神社と、多数の戦死者をまつる靖国神社と本質的に違う気がする。我々が靖国神社に行って誰誰さんはまつられていますかと問い合わせができるのだるか。軍記戦記をほんとうに読み切れるものか。美化されている場面も少なくない。これは今後戦史研究者がひも解く困難な作業である。ここに徒に合祀を繰り返してはならない。抜けることができぬ神の世、いかんせん。最近政治の宗教団体が抱きこらえている。以前は公明党と創価学会今や生長の家と日本会議が自民党を支配しかねない。国を謝らせないよう深読みを忘れずに。、 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電通の長時間労働による過労... | トップ | ビル等の足場解体作業の安全... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL