戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

民進党蓮舫氏よ安倍首相のゴルフ外交どこが悪い

2017-02-12 10:51:13 | 日記
いかなる場面でも話会える人物でないと、一国の総理は務まらない。昔はゴルフ亡国論、マージャン亡国論と固い方もおらえたが、勝負事には当事者の性格、嗜好もろもろの人間性が現れる。碁将棋でも同じことが言われる。外交は相手の性格その他お互いに見合って交渉が進められる。そこに外交の重要性がある。短時間でおおよその判断が出来るので、肚を割って話せる相手か、幾多の戦略を練り上げて交渉するかは、場面を拒んでは、ベストの機会はつかめまい。会うだけでも、容易でない御仁も居られる。チャンスと度胸と自信のなせる業、批判がなんの役に立つ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国のトップは自国を最大限有... | トップ | 極東の火種は依然として存在... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL