戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

惰眠を貪る政党は自滅する

2017-07-12 10:48:34 | 日記
自己の反省より他党との比較に汲汲とし、あれが無かったらこんな目 に合わなかったと老いの繰り言、惰眠を貪った現実を正視せよ。人事は運命まで狂わす。国会で招致された参考人議員、官僚、政府関係者の答弁を拝聴すると、誰が正しいか判別が出来た。本来は正論の討論であるべきを、肝心な人物は欠席で話が詰め切れない。普通我々の生活で将来の問題が起きた時証明として、分書、映像、録の必要と準備するが、政府は短期間の保存で廃棄処分とし責任から逃れんとする。廃棄処分と決めた書類は、担当から外し年月別に、別組織で三年ご後自動破棄すればよい。その中には怪文書もあるだろう。民間は税務資料は7年保管とある。出来ない相談ではないと思う。官僚をあれだけ虐めて己の面子を立てようとするが、一身を投げ打って真相を吐露する。何処がいけないのか。平成の汚点とならないことをいのる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長たる器は責任の明確さにある | トップ | 長時間残業を命じ自分も適宜... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL