戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

前言を撤回しても夫人の言動が直らなければ在任中の離婚しか道がない

2017-05-10 10:03:19 | 日記
国家の道を誤らせる配偶者を黙らせることができぬなら、「在任中離婚し総理夫人の資格」を制限するしか救いようが無い。退任後再婚されればよい。上席国家公務員の正常業務を押し曲げ恬として恥じないことでは、いくら総理が優秀でも、国民はついて行けない。これは他人が言うことでないが、延々国会を渋滞させ、これ以上継続するには、国民の憤懣は頂点に達する。過ぎ去ったことより、今後の野放図な政治の邪魔を排除すべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国大統領の選挙の及ぼす行方 | トップ | 総てがオリンピク中心の政治... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL