戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

過労死の企業の責任、金額50万円

2017-09-23 11:02:08 | 軍事と政治
新卒の女子社員、過重な労働を課し一年足らずで死に追いやった
裁判で検事側の最低は、わずか50万円ときく。そんなに人間の死
は軽いものか。死んだ本人が悪いか、死に追いやった企業が悪い
二か。人の仕事は会社にいるだけではない。作業は時間で測れて
も頭脳は24時間の中でいろいろの場面、例えば自宅で休養中でも
思い浮かぶものである。これは企業に請求できる性質のものでは
無い。が会社の許可された時間内に仕事が終わらないことは屡々
有る。明日の作業に支障があれば当然自宅作業となる。問題は
ここにある。上司が仕事の進捗状況を把握、自らも身を投ずる
必要がある。個人の仕事でない部署の業務範囲なら当然上司が
カバーすべき事項、部下を死に追いやってまで無関心でいられ
る方が罰せられるのは当然、企業責任追及なら1000万でも高く
はない。でないと撲滅はできない。一度限りのの事件でない、。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 移動用基地時代に基地攻撃用... | トップ | 森友、加計学園問題、国民は... »

コメントを投稿