戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

国の重要なる職に在任中は国政以外の職は名誉職と言えども辞退すべきだ

2017-06-20 11:08:09 | 日記
諸団体の会長などは一切在任中は辞退すべきだ。運動競技の会長また同じ。もう一つ「イイネ」式の単純な意思表示もすべきでない。そんな暇があれば、己を磨くことに専念願いたいし、後輩の育成に力を注ぐべきだ。先ず人物を見抜く眼力だ。国会の回答は第一に担当大臣が回答、総理はその中の勘所を集約すればよい。大臣を無能呼ばわりされるようでは、国は栄えない。突っ張ればよい程度の大臣が目に余る。平素から小さい事でも話を交え、指導しないと、未熟な知能で独り歩きする恐れを知らぬ有様は、他の政党もひっくるめ日本の政治を駄目にする。本来は党議拘束は未熟を証明してるに等しい。奇抜な理由を見つけ、心ならづも長い物に巻かれ職の安泰を図るまで政治がむなしいまでになった責任は、一に総理大臣の力量の無さに由来してる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝てば官軍、公私混同は人心... | トップ | 情報管理の甘さ露呈 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL