戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

安全は法を盾に、安心は信じる人の心に宿る

2017-03-30 19:54:45 | 日記
法がすべてを解決できれば苦労はない。自分は法に則ってやっている、故に間違っていない。だから安全だと誰が決めた。信じられない人がなにを言っても安心してもらえない。嘘をついていると疑う。これでは永久に安心できない。いい例は挙げるにこと欠かない。原発然り、東芝の経営陣然り、小は国有地払下げにまで顔を出す。国家的損出でも打つ手なし、有能な技術者の流出の懸念、ここまで来るまで打つ手がなかったのか。雪崩の危険予防の手ぬるさ、地元の人が最も敏感に予感できるのを、絶対安全な地を選んだと思う指導者、いやはや国中が変な渦に流されてゆく恐ろしさ、早く食い止めないと第二の国難とならない保証はない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狭い日本、誰を信用して生き... | トップ | アメリカの考えと日本の考え... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL