戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

閣僚入れ替えても総理周辺の疑惑は消え失せない

2017-08-03 09:01:30 | 日記
公私混同、森友学園、加計学園に絡まる問題は消える事がない。全問題を明快にしない限り、
大学の認可問題、疑わしい敷地埋設ゴミ処理問題は依然追及される。人気取りの起死回生の
術は北朝鮮の拉致問題に一身を投げ出すかとも思った。国民の期待する安倍内閣はとにかく
こまごまとした問題を必死になって防護する総理では日本の将来が危ない。逃げ出す軍隊が
必ず出る。情報を隠す事は、国民に不利な情報は知らせない事だ。日報に弾薬消費量等が判
るから公表しないと言う。敵側に利用される部分は塗り潰せばよい。武力衝突がどの様な状
態かは知らしめるべきだ。何か不都合があるのか。幾らいい事を行っても肝心な信頼を取り
戻すことができないと、再び三度前轍を踏むこととなる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「謝りたいと存じます」これ... | トップ | 総理の発言は内閣改変前も後... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL