戦争は政治である

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

ビル等の足場解体作業の安全について

2016-10-17 14:00:29 | 日記
解体作業員は上階で、安全誘導員は歩道に各々持ち場を見ている筈なのだ。地下駐車場から歩道に出る処には必ずブザーを鳴らし歩行者を止めてから車は通過する。上下関係の作業場にブザーに相当するものがないと僅かな時間差でも落下物による傷害事件が起こる。上下連絡用電話でもよいが、歩行者を止めることが最優先事項です。歩行者の中には、歩行者優先と称して、通過することも考慮に入れ、必ず実行して欲しい。今回のパイプ落下事故は、人災である。警備会社の誘導員教育にも徹底してもらいたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治の危うさ | トップ | オリンピクの本当の「おもて... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL