美由治久ハバネロブログ

犯罪ウオッチャーのブログ

容疑ある信州大男子学生21歳 実家は金沢・事件現場の空き家はどんな関係?高校1年・池下未沙さん16歳殺人事件 石川県能登町

2017-03-13 04:55:11 | 事件

  10日夜 石川県能都町宇加塚の民家で高校1年生 池下未沙さん16歳の遺体が発見された殺人事件に関して 警察が断定として発表しないことから報道が奥歯にスルメの欠片が挟まったような内容になっている。

  現在までのところ死亡した信州大学男子学生21歳と池下未沙さんの間には携帯電話などの通話歴などの接点は認められないという。男子大学生は2浪して信州大学農学部へ入ったようだ。春休みで金沢市内の実家へ帰省していたという。具体的にどのような関j系であるのか不明であるが 未沙さんの遺体が発見された空き家へ男子学生は8日から来ていたようだ。

  今回の事件に関して 筆者の観察の範囲ではありますが石川県警をほめておかなければならない点があります。それは・・・結果として池下未沙さんの遺体が発見されたことから「適切な判断」ということになっておりますが これがなにも発見されなかったとしたら・・・裁判官の発する令状もなく立ち入ったわけですから「国家権力による越権行為である」と言われる可能性もあるわけです。穴水町で信州大の男子学生が交通事故にあって重体の状態 この学生が能登町の空き家に滞在していた可能性 能登町で何時間か前に女子高生が不審な失踪をしたとみられる出来事・・・これらの事象を警察が関連付けて空き家に踏み込んだかどうかは知ることができませんが 結果として女子高生の遺体が発見されました。もしこれが 未沙さんが虫の息であっても生きている状態であったと仮定したら・・・踏み込まなければ・・・とも考えられます。未沙さんの失踪から大学生の交通事故まで一挙に関連が明らかになったというわけです。

  今になれば 男子大学生は車で通行中 バス停で母親の迎えを待っている池下さんを発見 ナンパのつもりで「送ってあげるよ」なんて声をかけたのかもしれません。しかし16歳の女子高生は身を固くして拒否 そのままあきらめて行ってしまえば「変な人に声をかけられた」程度で済んだのかもしれません。しかし 東京・原宿のど真ん中でもない能登町のバス停で女性に声をかけることがあまりうまくない男子学生は 未沙さんの意に反して車に乗せようとしたのでしょう。物理的なもみ合いがあって車に拉致されたのでしょう。この時 両手をガムテープで縛られたのかもしれません。なぜなら男子学生には空き家まで未沙さんを運ぶ作業が残っています。だいたいこのような出来事が流れの中にあったと考えられます。

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死亡者は高校1年池下未沙さ... | トップ | 「朱子学」と「情緒」の国民... »

コメントを投稿

事件」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。