美由治久ハバネロブログ

犯罪ウオッチャーのブログ

IOCバッハ会長発言・・・筆者の解釈 当然の理屈

2016-10-20 06:08:26 | スポーツ

  東京都知事に当選した小池ゆり子さんが「2020東京オリンピック・パラリンピックに関して費用が掛かりすぎるのではないか・・・・」と提示したことから始まったボート会場変更も視野に置いた問題に関して IOCバッハ会長が来日して小池都知事・安倍首相・マルカワ五輪担当相・森組織委員会会長などと面談したと報じられている。日本のメディアもコメンテーターも気まずいところには触れないようにしているようだが 筆者がバッハ会長の言葉を聞いたところでは以下のように聞こえる。

  国際オリンピック委員会は 何が何でも東京でオリンピックをやってくれと要請したわけではなく IOCが出した条件を納得した上で この条件をクリアできますとして日本の意思で開催に立候補したもので 安倍首相自・宮様の女性まで決定会場へやってきて「東京でやらせてほしい」とアピールして投票の結果 決定したことなのではないのか?これは契約の問題であり 現在日本国内で問題になっている事項というのは日本国内の当事者たちの意見の食い違いということなのであろうと理解している。もっとよく話し合ってください。決定した時点で約束した内容を守ってください。あまりにも幼稚な争いです。

  と聞こえました。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガスバーナーを使い焼き切り... | トップ | リセット願望?小林裕真 容... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。