美由治久ハバネロブログ

犯罪ウオッチャーのブログ

祖父・山本一夫さん強盗殺人容疑で逮捕の孫・山本裕也 容疑者を「殺人罪で起訴」 東京地検立川支部

2017-03-20 05:37:55 | 事件

  東京都調布市の都営住宅で山本一夫さん89歳が殺害され財布などが奪われたとして強盗殺人容疑で孫の山本裕也 容疑者23歳が逮捕・送検された板が送検を受けた東京地検立川支部は逮捕・送検の容疑事実である強盗殺人から殺人の事実で起訴したと報じられている。

  解説申し上げます。単なる殺人罪と強盗殺人罪では実質上実刑判決に差があります。もちろん強盗殺人のほうが重い刑を科せられるであろうことは間違いありません。確かに 孫である山本裕也被告は祖父の山本一夫さんを殺害後 現金が入った財布を持ち去ったことには間違いないでしょう。問題は「犯意」であります。裕也被告は年金支給日のたびに 祖父の一夫さん宅へ来て「金を貸してくれ」と要求していたのでしょうが「殺してでも金を奪う」との強固な意志が証明できないのがこの事件と考えられます。犯意は内面の問題であり 検察官は外部的明白性から証明することができないと判断したものと考えらえます。

 

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 罪の意識がない?大学4年生... | トップ | ひょっとしたら・・森友学園... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。