美由治久ハバネロブログ

犯罪ウオッチャーのブログ

一向に国民の目に見えてこない死刑廃止論議 田尻賢一死刑囚45歳の死刑執行

2016-11-12 04:48:26 | 事件

  法務省は11日 熊本県で女性2名を殺害するなどして死刑が確定していた田尻賢一 死刑囚45歳の死刑を福岡拘置所で執行したと発表 現法務大臣就任後 初の死刑執行。裁判員裁判制度後二人目の死刑執行。

  現在 わが国には死刑が確定して未執行の死刑囚が130人近く存在している。死刑制度廃止論議も弁護士連合会など散発的には行われている。死刑制度廃止国会議員連盟という超党派の議連も存在しているとも聞いている。しかしながらこの問題を真正面から真剣に討議しているものは見たことがない。人間 誰だって法律に裏付けられた制度に基づくといっても人が人を殺すことを喜んでいる人はいない。動物には同族攻撃を回避する機制が本能の中に備わっていると筆者は考えています。その機制を文化という一見高等とも見える正当化論で解除したのが人間ともいえる。この苦渋に満ちた決断に関わった裁判官・裁判員・検察官・弁護士・警察官・ご遺族・・・この人たちの心情を何と考えているのか?130人もの死刑未執行者・・法に定められた通りの手続きを回避したいのなら国民の目に見える形で真剣に論議したらどうだ?真剣に論議することすら放棄して・・何が死刑廃止論議なのだろう?死刑制度は存続であっても廃止であってもその結果に筆者は従う。しかし論議もしないで先送りを続けている現状・・筆者には承服できないことであります。

  

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻・毛鳥満代 容疑者64歳... | トップ | 富士田清治 容疑者47歳を... »

コメントを投稿

事件」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。