空飛ぶ!気まぐれ雑記帳

The Flying Capricious Notebook
気分次第で 気ままに書き込むつもりの『雑記帳』です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008(H20)/06/01(日)の放送

2008-06-01 22:05:45 | 落語 演芸/放送後記
志の輔ラジオ 落語DEデート/文化放送 #060
2008(H20)/06/01(日) 06:00-06:40
六代目 笑福亭松鶴 「米揚げ笊」  1969(S44)/08/23 収録 とのこと
出演:立川志の輔 ゲスト:濱田マリ
2008(H20)/05/19(月) 文化放送 スタジオで収録(*01)


*本日ゲストの濱田マリ 兵庫県神戸市生まれ 歌手 女優 ナレーターで活躍
 女子高生の頃から音楽に目覚め ライブハウスやコンサートに頻繁に通って 自分でも歌う様になった とのこと
 少し変わっていたので 有名に成りたくない なるべく王道は歩きたくないと思っていた とのこと

*志の輔 神戸のライブハウス「チキンジョージ」に 1度だけ 20年位前に上田正樹のライブに呼ばれて
 ステージ上で小咄を幾つかやってお茶を濁した事がある とのこと

*落語経験はあまりないが 子供の頃 母親が通っていた鍼灸院で鍼灸師が落語を流しながら治療をしていたので
 聞いた程度
 以前に青山円形劇場で「地獄八景亡者戯」を元にした舞台に出演し 松尾貴史と共演したことがある
 志の輔 その舞台は観に行っていた

*東京では「七輪」と呼ぶが 関西では「かんてき」と呼ぶ 東京では「ざる」 関西では「いかき」と呼ぶ

*落語を聴いた観想等
 テンポよく歌を唄っている様に 一字一句違わずに言うのは 素敵だなぁ
 落語をカンペもなしにやるのは 凄いなぁ 頭が良いなぁ と思ったとのこと
 落語の中身とは関係がないが 録音を聞いていて 笑っている女性のお客さんの「オホホホ」という笑い声が
 物凄い「昭和の匂い」と言いましょうか 「どんな格好してはんにゃろぅ? この人」と感じた とのこと
*毎週色々な落語を聞いているが 昭和30年代 40年代 50年代とお客さんの笑いの質が違うかも知れない
 こんな事を言ったのは濱田さんが初めてかも知れない 言われてみれば そうですねぇ と志の輔
 そう思って 次回からの録音も 笑い声で場所とか年代を想像してみるのも面白いかもしれない と 志の輔

*濱田さんもお喋りが上手なので 落語をやった方が良いですよ ぜひやってみて下さいと 志の輔
*最近 漫才の「ますだおかだ」の増田君が 志の輔の新作落語をやりたくて 志の輔の所に許可を貰いに
 挨拶に来た とのこと

*番組後半 7月8月に 劇団新感線の音楽劇に出演するとのことでの プロモーション


*(*01)番組ホームページのゲストとの写真画像の志の輔の服装より 先週放送分と同日に収録した物と思われる
--------------------------------------------------
お楽しみ演芸特選/NHKラジオ第1 #007
2008(H20)/06/01(日) 16:05-16:53
三代目 三遊亭金馬 「転失気」  1956(S31)/録音 NHK音源 とのこと
五代目 柳家小さん 「粗忽の使者」  1993(H05)/06/06放送 「日本の話芸」より とのこと
司会:内藤啓史(NHKアナウンサー)

「お楽しみ演芸特選!」
昭和を駆け抜けた「名人」「上手」の珠玉の芸が 時代を超えて輝き続けます
今は見る事が叶わない 一世を風靡した名人から ユニークな芸風を持った人気者迄
貴重な演芸の数々をお届けして参ります

◆解説(前半 演目放送前)
本日の「お楽しみ演芸特選」は 三代目三遊亭金馬さんと 五代目柳家小さんさんの「落語二題」をお聴き頂きます

御案内は わたくし アナウンサーの内藤啓史です

まずは 三代目三遊亭金馬さん 昭和31年(1956) NHKで録音された「転失気」をお聴き頂きます
-------------------------------------------------------
●演目放送  三代目 三遊亭金馬「転失気」
-------------------------------------------------------
◆解説(前半 演目放送後)
三代目三遊亭金馬さんの「転失気」でございました

「楷書で書いた様な落語」と言われ 誰にでも分かりやすい芸風の落語家でした

それでは「お中入り」です 音楽をどうぞ
栗コーダーカルテットの演奏で「アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第一楽章」
-------------------------------------------------------
◇16:20-16:23 中入り(音楽)(関東地方等 一部地域では 音楽をバックに道路交通情報)
-------------------------------------------------------
◆解説(後半 演目放送前)
さて「お楽しみ演芸特選」 後半は 五代目柳家小さんさん 先代でございます

昭和25年(1950)に 五代目を襲名し 小さんでいる事52年は 歴代小さんの中で一番長く
落語界で初の人間国宝に認定された落語家です

それでは 五代目柳家小さんさんの「粗忽の使者」です
平成5年(1993)6月6日に「日本の話芸」で放送されました
-------------------------------------------------------
●演目放送  五代目 柳家小さん「粗忽の使者」
-------------------------------------------------------
◆解説(後半 演目放送後)
得意にしている「粗忽物」からの一席 五代目柳家小さんさんの「粗忽の使者」でした

小さんさんは剣道の腕前でも有名でした 北辰一刀流七段
自宅に道場を持っていた程の剣士でございました


今日は 三代目三遊亭金馬さんの「転失気」 五代目柳家小さんさんの「粗忽の使者」の二席をお聴き頂きました

御案内は わたくし 内藤啓史でした

本日も「お楽しみ演芸特選」をお聴き頂き 誠に有難うございました


*次週放送 放送予定演目
 四代目 柳亭痴楽「隅田川」 六代目 笑福亭松鶴「人形買い」
※最新の番組表等で確認の事
--------------------------------------------------
*未チェック
「笑いがいちばん/NHK総合テレビ」
2008(H20)/06/01(日) 13:35-14:05
漫才:三拍子 漫談:パペットマペット 漫才:カリカ 落語:林家彦いち「死神リレー 命の火」
2008(H20)/**/**(*) 収録日? 東京・渋谷 NHK放送センター 102スタジオ 収録
司会:九代目 林家正蔵 中川翔子

*タイマー設定忘れで今回の放送は未チェックだが 出先でほんの一瞬だけ観た
 落語の「死神」をそれぞれの芸でリレー形式で演じるものだったらしい
 以前にも「芝浜」を同じ形式でやっていた

*次週 別番組で放送なし
『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2008(H20)/05/29(木)の放送 | トップ | 2008(H20)/06/02(月)の放送 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。