とりあえず走れ!!目指すはサンチアゴだ!!

街中を走り、山を走り、そして巡礼をしてから医師になります

蒸し暑くて、ジョグがかなり息苦しい・・・汗もスゴい!

2017-06-30 23:41:21 | 日記

【画像】樫切山のふもとから、真正面の山頂向こうに、ExpoCityのOsakaWheelを臨んで
画像正面の、、上り坂をひたすら駆けあがると、、その“心臓破りの坂”をクリアした“ご褒美”として、、たびたび私がこのブログにアップする、開けたスケールの大きな景色が拝める。。つまり、遠くに阪大病院、太陽の塔、観覧車、大阪モノレール、箕面山系などを一堂に会して臨める、樫切山の山頂に辿り着く。。貴重なToilett Pointもあることから、ここから向こうは、私にとって特別に好きなエリアだ。。

“心臓破りの坂”なんて大げさに表現してしまったが、、、『あくまで日ごろのRoutineのジョグ・ルートの中で、強いていうなれば、、、』というだけであって、正直、その高度、傾斜、路面などはまったく大したこともない。ごく普通の整備された登坂歩道だ。。
いつものジョグ・ルートの中で、アップダウンを一時間も走り続けてきて、結構へばって息も上がってきたころに、この登坂が待ち構えているので、一応、私なりには折り返し地点のある“最後の難関”という位置づけにしてある。

“心臓破りの坂”なんていえば、、トレランして山中をジョグしてたら、比べようもなく激しい/強烈なやつに、いくらでも遭遇する。。山を登るワケだから、当然なわけだが・・・・。そして、どんな上り坂でも、、歯を食いしばって、吐きそうになりながら、、よっぽど足を止めたくなるのを我慢しながら、、、、登り切ったときの、あの達成感/充実感/制覇感は、これまた病みつきになるほどの快感で、、、ついでに眼前に開ける見事なスケールの景色が極上のご褒美となる。。これらはまぎれもなく、トレランの醍醐味といえるだろう・・・・・

それはさておき、、実際に、これまでに私は数えきれないほどの登坂をジョグでクリアしてきたが、、、、
「“心臓破り”的な身体表現にちなんだ名前」のつけられた登坂が、これまでにチョコチョコと見受けられてきた。。
その数々の由緒ある(?)登坂の中でも、とりわけ私の中で印象深かったのは、、、何だろう?
・・・・・やっぱ、、あれかな?
そうそう、熊野古道の、、本宮から那智へと向かう途中の、、“大雲取り越え”にある“腹切り坂”かな?

“腹切り坂”は、その名の通り、「腹が苦しくて捩れ切れるくらいの坂道」といった意味を持つらしい。
一気に高度1000mまで、、直線の急勾配を上り詰めるワケだが、、、
「熊野古道の、苔むした石畳に吉野杉・・・」という特別なシチュエーションが、何とも言えず神聖で神々しくて、、、“イイ味”を醸し出してくれている。『記憶に残る上り坂“百選”』でも、頂点に位置付けたくなるレベルの“名坂”といえよう・・・・
悠久の歴史を肌で感じながら、太古の昔から幾千幾万もの人々が参詣のために往来してきたであろう上り坂で、、先人たち/ご先祖様たちの“息遣い”を感じながら、、、私も一緒になって「ヒーヒー」言いながら、頂上を目指すのだ!

『どうだい?このシューズ、、、、? あなたたちご先祖様が身に着けていた“ワラジ”なんかと違って、このシューズだと、こすれて傷ついたりしないし、何よりも、フィット感が凄いんだぜ!』なんて独り言しながら、顔をしかめてうんうんと呻いては一歩一歩、足を踏みしめ、、、ただ闇雲に峠の頂を目指し続ける。
・・・・・足は・・・止めるまい・・・・止めたら負けだ・・・・

昨年末の熊野古道での、本宮大社~那智大社では、、
新たに世界遺産登録されたという“赤城越え”をどうしても通っておきたかったせいで、あとあとしんどい想いをしてしまうことになった。。宿泊した、お馴染みの“湯の峰温泉”から“赤城越え”して、のんびりしてしまったせいで、、本宮を出たのがすっかりと遅くなったのだ。
“大雲取り越え”の“腹切り坂”ふもとの小口集落に到着したのが14時過ぎだったと思う・・・・
案内の看板には、そこから那智大社まで歩いたら、7~8時間かかる、、とあったと思うが、、『エエイ!ままよっ!』と“腹切り坂”を速足で登り始めた!

その後、山の中でどんどん日が傾き・・・・真っ暗になってしまい・・・・・
途中から使い始めたフラッシュ・ライトも、電池切れで足元が暗くて走れなくなってしまった。
月明りもあって、弱弱しいライトでも、なんとか道を照らし出すことが出来たので歩を進めることが出来て、大いに助かった。。
何度もつまずいたり滑ったりして転び/転びそうになりながら、、かろうじて18時に那智大社の裏手に辿り着き、、真っ暗闇の中で“滝の轟音”を耳にした時は、、心底、『助かったぁ!』と感じたっけ。。それと同時に、、何とも言えない達成感/多幸感に、しばしの間、暗闇の中でジーンと感動してたっけ・・・・

イカンイカン!
またうずうずしてきた! 熊野古道!行きた~い! 湯の峰温泉、泊まりた~い!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予報が一転して、「7月少雨... | トップ | 本格的に“夏”って感じになっ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事