とりあえず走れ!!目指すはサンチアゴだ!!

街中を走り、山を走り、そして巡礼をしてから医師になります

“カナダのおばちゃん”のクッキー

2017-05-15 21:57:04 | 日記

【画像】カナダから来宅したおばちゃんが、、またまた“いつものクッキー”を、ぎょうさん焼いてきてくれた!

記憶のある限り、、、つまり、もう40年も昔から家族で付き合いのあるオバチャンが、カナダにいる
このオバチャンは毎年4~5月の春~今ごろに、必ず我々のところへ立ち寄られる・・・

オバチャンは旦那さんがチェコ人で、、息子さんは現在はハワイ在住だ。。
息子さんは私と同い年で、私がカナダに住んでいたころは一緒によく遊んだし、あまりの“やんちゃぶり”に随分と手を焼いたりした・・そして・・その後もずっと、数年おきに行ったり来たりする間柄だ・・・

彼はNative Hawaiianとの間に家庭を築き、四人の子供をもち、親元のカナダを離れてハワイに永住するつもりらしい。。
・・・故郷がチェコとカナダ、ハワイに日本と、、とても複雑で国際的な家庭だが、、きっと、こんなのはグローバルスタンダードという意味では珍しいことではないんやろうな・・・いまや、わたしは国際的な活動とは全く縁遠い日々を過ごしているので、、世界事情とかはとんと疎くなってしまっているが、、近年の国際交流というのは、もう想像を絶するレベルにまで深まってそう・・・

なにしろ、、街中で見かける外国人の多さがハンパないし、、身近にこれだけ多文化のレストランが見られるようになったことからして、、20年前からしても信じれないくらいの変化やからね・・・
丁度20年位前からか?、、、“アジアンキッチン”なんかをはじめとする異国情緒溢れる手ごろなレストランが興隆してきて、本格的に国際的な食文化が根付いたのは、、、

合コンをセッティングするときに、そういったお店を予約しておけば、“受け”が良かったのは懐かしい想い出・・・
さらに遡って、、バブル頃のことになるとよく存じ上げないが、、、
“イタ飯”レストランが、、女性を口説き落とすための“重要ツール”としてもてはやされていたことが、、高校生当時の私が指咥えてみていたことにしっかりとリンクする・・・

話は少し脱線してしまったが、、、
オバチャンは、、毎年この季節に、息子さんのいるハワイに立ち寄って四人の孫たちを見てから故郷の千葉へ帰省する。。そしてご実家に帰るついでに、必ずこちらまで、、われわれのいる大阪まで足を延ばしてくださるのが恒例になっている・・・
うちに立ち寄る際は、必ず大量のクッキーを焼いて持ってきてくださるが、、我々にとってはこれが最高の喜びだ・・・
もう40年も以前から食べてきた“オバチャンのクッキー”は、昔と変わらない味わいで、、この味は、あのオバチャンしか出せない。。

きっと、そのレシピにも本人こだわりのものがあるのだろう、、、昔、、、私がレシピを訪ねた際に、、微妙な顔つきになってうまく話をはぐらかされたことは忘れがたい想い出だ


“オバチャンのクッキー”は、こんなにも愛着のある食べ物だから、、、、未来永劫に食べることが出来たら、、どんなにか素晴らしいんやけどなぁ・・・・・・
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日に、、”カラフルなカー... | トップ | オペ実習は・・しんどい・・・ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む