紗代~徒然なるままに

人生ドタバタ奮闘記。
打ちのめされても這い上がり、強く生きる!
病気に直面し、今を見つめ、過年を振り返る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

訪問介護>ヘルパーの確保

2016-10-11 08:06:24 | 仕事
利用者数に対してヘルパー数が伴っておらず、
Eさんは、入職以来半年で月一程度のOFF日

フル稼働ではなくとも、空き時間を利用して
一息ついたところで、肉体的に疲労は蓄積される。

訪問数を減らすように願い出ても、受け入れてもらえず、
Eさんも状況を承知しているので、
無下に稼働拒否する訳にもいかないのが現状。

前職、私の稼働状態と一緒で、
Eさんの気持ちは嫌と云うほど分かる。

Mさんは、10年以上の熟練ヘルパーでOさんが慕っている存在。
しかし、年末にあるケアマネの試験を受ける。
ケアマネ試験合否に関わらず退職し、
介護事業を起業。

起業理由は、このヘルパーステーション運営方法と
手厚さに欠ける介助、ケアマネに対し不信を抱き
もっと利用者を配慮したやり方で運営したい気持ちがあると云う。

それによりKヘルパーはMさんの信頼出来る友人で、
起業にあたり片腕としてMさんのヘルパーステーションへ
転職するのは、(内々の秘め事で)回避出来ず、
Eさんも離職するのは遠い将来ではない。

求人募集も、フリーペーパーに掲載する為
求人会社担当者が来社され募集内容など打合せ、
事務所内、ヘルパーの笑顔満載顔写真を撮影するなど
ヘルパー増員に手を打っているのも確か。

募集記事に
和気あいあいのヘルパーステーションです。
働き方は、本人の希望を考慮します。
>とある。
『どこが和気あいあい!働き方考慮』
ってどこがだよ~~っと突っ込みたくなる。

校正段階の記事を見た時は、気持ちが交錯し
偽った文面に求人者は、惑わされ振り回される結果と
きっとなるはず。

私の入職一ヶ月後、60歳ヘルパー(2級取得間もない)女性が
正社員希望で入職された。
2社の登録ヘルパーとして就業され、
今後常勤として安定すれば2社登録ヘルパーは解除予定。

3人の在籍者が離職され1人入社したところで、
稼働は非常に困難極まる。

これまで以上にそれぞれの肩に重荷がのしかかってくる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訪問介護>稼働の乱れ | トップ | 訪問介護>圧し掛かる職務 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。