紗代~徒然なるままに

人生ドタバタ奮闘記。
打ちのめされても這い上がり、強く生きる!
病気に直面し、今を見つめ、過年を振り返る。

婦人科再診

2016-10-15 08:08:00 | 病気
子宮円錐切除術を受け、半年が経つ。

治癒は見込めず、切除した個所から又腫瘍が発症する
可能性はあり、再切除や癌となる場合もあると
Drから幾度も聞いてはいるけれど、
再診、通院毎の血液検査の繰り返し。

次再診日に腫瘍マーカー結果用紙を見るDrの
手元の数値欄をのぞき込む。

その数値が正常値を超え高いとDrが小声で
『何でかなぁ?!又、数値が高い』と首を傾げられる。

患者にとればその空気は重く不安になる。

Drの表情に、敏感でどぎまぎする。

ナースに、私のような同様の患者で再診を
どの位続けておられるのか伺ったが、
私の場合未だ半年しか術後経過していないから、
3週間から一ヶ月の間隔で再診しなくてはいけないと。

異常が認められなくても、一年以上通院されている方も
いらっしゃると返答があった。

私は初診で、腫瘍マーカーが高ければ
PET/CTをしますと云う言葉が、
頭にこびり付いていて、長女もいつ受けれるのと聞き、
常に癌発症恐れありに気掛かりで仕方ない様子。

さっさとPET/CTを受けさせて下さいよと私もヤキモキ。

今回も、PET/CTを受けさせてほしいと願い出ても
未だ腫瘍マーカーが、上がり下がりしているので
PET/CTの必要はないときっぱり。

PET/CTを受けるには、紹介状を書いて戴き
他院に出向く事になる。

Drの考えもあるだろうけれど、一度PET/CTを
受ければ、気が済むのにと。

そんな安易に受けるPET/CTではないのかなぁ。
こんなモヤモヤから、早く解放されたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訪問介護>行き詰まる | トップ | PET/CTに踏み切る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。