柴犬日記と犬の児童小説

初めて飼った犬の記録と犬が出てくる児童小説

柴犬が月3350円で飼える 最終回

2016-12-10 09:58:36 | 
動物病院の診察・治療費は、もうけ主義の病院と良心的な病院とでは雲泥の差があるようです。

 良心的な(あくまで金銭面で)病院の一つの目安として「既婚の女性医師」が挙げられるのではないでしょうか。夫にそれなりの収入があるため、がつがつしていません。犬の爪切りさえ500円程度かかる病院もあるそうですが、私が通う動物病院の女性医師は「暇なときに来てください。無料でいつでも切ってあげます」と言います。

 ペット保険ですが、柴犬に関しては加入しなくてもよかったのにと思っています。1年間、飼ってみて柴の頑丈さを体感しました。若いときに病気になることは少ないと思います。保険料を払う代わりに、その分を貯金しておいた方が良いです。犬が年を取って病気になったときのためです。万が一、病気をせずに老衰で死んだ場合は、貯金が手元に残ります。

 柴犬を飼った1年間の費用(購入費など初期費用は除く)を下記に記しておきます。月平均3350円です。お小遣いで柴犬が飼えます。犬は金持ちしか飼えないと言われます。犬が病気をした際の高額な医療費を懸念してのことでしょう。

 柴犬は玄人向きか、初心者でもよいか議論が分かれるところです。一般的には柴犬は飼い主以外には懐かないと言われていますが、個体によって判断されるべきだと思います。私は賢い飼い主ではなく当初は叩いたりして、しつけをうまくしたとは言えないのですが、タロキチは「素直で我慢強く人懐こい」性格です。巡り合わせの運がよく、とても飼いやすい犬でした。初心者の私が特段、苦労したということはなかったです。繰り返しますが、犬種ではなく個体の性格が重要だと思います。

 ドッグフード 24,000
 シャンプー   1,600
 フィラリア薬  6,600
 狂犬病注射   2,500
 8種ワクチン  5,500
      計 40,200 
 
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒のおつまみ、作り置きおか... | トップ | 少年とおじいちゃん<1> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL