Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

これでも政党か。民進党は崩壊寸前だね

2017-07-29 12:14:52 | 日記
  
 民進党・誹謗中傷に明け暮れ、あるべき国家を語ろうともせず、政策も持たない、
 政党に明日はない。
 民進党に問いたい、日本国民と日本国領土を、どう本気で守るか真剣に考えているのか。

 民進党よ、何時までやってんだ、森友:加計問題を。
 本当に馬鹿じゃないこの党は?
    
 何時、ミサイルが日本国土に落ちるか判らない時、20~30分もあれば、北朝鮮から
 日本領土へ届くんだよ。
 それも、東京か大阪か、何処に落ちるかも判らない、ミサイルが落ちてからでは
 遅いんだよ。
 座して自滅を待たない為にも、敵に攻撃され不測の事態に至らない為にも、国家
 として万全の態勢で備えておくべきではないだろうか、
 民進党や共産が言うような、話せば判る問題ではないだろう。
  
 万が一の時への備えもなしでは、話にならないだろう。
 やられるまで待つのか、馬鹿じゃない、攻撃は100%無いと言い切れるのか、
 民進党代表、謝蓮舫は、自民党の、敵基地攻撃能力を保有する提言に、平和国家の
 礎が、ガラガラと音を立てて崩れて行くように見えると言うが、備えもなしに、
 攻撃されたとき何と言うの、
  
 今度は手のひら返したように、何故政権与党は、このような事態になる前に、
 手を打たなかったのか「攻撃されたら備えておくべきだった」と言うことだろう。
 本当に馬鹿じゃない、この党(民進党)は? どうしょうもない政党だね。

 ましてや、尖閣諸島では、
    
 日々、毎日のように中国海警と艦船が、今日は何隻、昨日は何隻と、我が国の
 領土である尖閣諸島付近の領海、排他的水域に我がもの顔で、ここは中国の領土だと、
 毎日2~3隻の中国海警だけでなく、軍艦と見られる艦艇まで、平気で領海侵犯する
 のが常道化して、出没を続け、威嚇されている現実。
   
 それだけではない、南は尖閣周辺、北の日本海、秋田沖でも、中国船と北朝鮮の
 漁船が、我がもの顔で排他的水域を侵犯し、大型漁船で不法な漁業をされている
 現実の中、北朝鮮は1度に、3発も4発もミサイルを発射、それも我が国の排他的
 水域へ落下(日本海秋田沖)させた現実に、今の日本には、何もすべき防御策も
 ないのが現実、日本の国土防衛これでいいのかね。
 もしあれが東京、大阪に向けられていたらと、考えないのかね。この危機的状況
 の中で、国家の威信と、国民の利益を守る事も考えず、民主党は絵に描いた餅
 みたいな、平和論を繰り返し、話せば判る先に会話だと言うが、中国や北朝鮮が
 話せば判る国なら、他国の領土を、我が領土とは言わないだろう。
 まして、他国の国民を拉致などしないだろう。

 これらに民進党は、どう立ち向かうのか、朝から晩まで森友だの、加計学園だとか、
 重箱の隅を突いてばかりで、国会議員として本末転倒の追求に、民進党は明け
 暮れる前に、国会議員なら、国家と国民の生命財産を、どう守るのか真剣に
 考えてみろ。
 中国も北朝鮮も話せば判ると、寝惚けた事は言わぬ事だ、話せば判る国なら、
 岩礁を島とは言わず、領海侵犯などもしないだろう。

     
 この現実を省みず、国民を守る対案も出さずに、反対を唱えるばかりで、
 民進党は、現状日本を取り巻く安全保障環境が、いかに厳しい状況に置かれて
 いるか、ロシアは北方4島に基地建設、北朝鮮はミサイルによる我が国への威嚇、
 中国は尖閣を、我が領土と言う始末、韓国も同様、竹島問題と嘘を誇張した
 慰安婦問題などを利用し、韓国国内の内政問題を、すり替えて反日を政府が扇動
 するありさま、この周辺国に日本は隙あらばと、虎視眈々と狙われている時、
 一度は国政を託された政党旧民主党が、国家・国民の為に動くどころか、大事な
 国会の予算委員会では、森友や加計学園に明け暮れ、重箱の隅をつついては、
 ブーメランを繰り返すばかりで、民進党と蓮舫は、本気で日本の為の、政治を
 やっていると言えるのだろうか
 この現実を、多くの日本国民が、蓮舫率いる民進党を、どう見ているのかも考えた
 事もないだろう。

    
 他国の領域に入り込み、岩礁を埋め立て、我が領土と喚いても、
 国際司法裁判所裁定 中国の南シナ海領有化を否認
 ハーグ仲裁裁判所は、中国が、南シナ海で主権が及ぶと主張している境界線
 「中国の赤い舌」こと「九段線」中国には、同海域内の資源に対する歴史的な
 権利を主張する、法的な根拠はないと完全に否定するとともに、中国が岩礁を
 埋め立てて造成した、人工島周辺の、排他的経済水域(EEZ)や大陸棚の完全
 否認と判断を下した。

   
 中国・韓国・北朝鮮等が、我が国の領海へ侵犯するようなら、なにも国家として、
 躊躇するまでもないだろう。
 日本国民の生命財産と国家の領域を侵犯するものは許さないと、国家として
 厳しく対応すべきだろう。国家として無断で、我が領土へは一歩も入り込ませ
 ないと言う、国家の威厳の中で、武力も考慮に入れて、入り込ませないという、
 厳しく強い対応が必要だろう。
 この国土防衛については、与党も野党もないだろう党派を超え真剣に、今だからこそ
 考える事が先ではないだろうか。
  
 このように、国家として喫緊に、重要な問題を抱えている時に、今だ、民進党と
 党首は、自らの、二重国籍問題を明確にせず、安部氏の説明責任を追及しているが、
 何時まで続ける気だ、ここまで、あほとは思わなかったが、民進党も党首が
 これでは終わりだね。

 民進党:党首蓮舫は、総理大臣の安倍氏に加計学園問題について、説明責任を厳しく
 責任追及しているようだが、何が、問題なんだ。

   
 前川喜平前文部科学 事務次官の参考人証言を、加戸守行氏が一蹴。

 加計学園問題に、参考人の愛媛県前知事:加戸守行氏がけりをつけた。
   
 愛媛県前知事:加戸氏の説明のように、ペットじゃない、本当の獣医がほしいんだ,
 愛媛県知事の時に一番苦労したのは、鳥インフルエンザやBSE(牛海綿状脳症)
 といった、感染症対策の充実を大きな目的に、獣医学部の誘致に取り組んだが、
 当時は誰も真剣に聞いてもくれなかった。

    
 当時は、「特区申請で何回も門前払いをされたが、一番強い反対は日本獣医師会
 だった!直接会ってないが、獣医師会のHPには今治を猛批判していた!」
 獣医師会が岩盤規制になり、獣医学部新設を、妨害していたのは、間違いなく
 獣医師会だと語り、いまもって、欧米に負けない獣医師を作ろうとせずに、自分達の
 既得権益を死守しようとする獣医師会は日本の癌では?
 獣医師会は酷すぎます。 国益のために獣医学部新設は絶対に必要だ。
 前川は『行政が歪められた』と言うが歪められた行政が正しい発言では?

    
 今は、獣医学部新設、加計学園建設に、これほど真剣に語ってくれるとは、思いも
 よらなかったと皮肉まじりに語られた事こそ、当事者として岩盤規制に挑んで
 きた加戸さんの発言は非常に重要で。事実を物語っていると多くの国民は理解しただろう。


 民進党の馬鹿さ加減にも、厭きれるばかりだ。
   
 それでも尚、森友学園だの、加計学園建設の問題で、如何にも総理が不正を働いたが
 如く印象操作を図る民進党は、憶測でものを言うのでなく、ハッキリと国民が納得
 できる証拠を示してから、安倍総理に厳しく説明責任を求めるべきではないだろうか。
 だが、それより先に、民進党は党首である蓮舫の、二重国籍、三重国籍の疑義をただし、
 また、蓮舫代表自ら、国民が納得できる国籍問題を説明するのが先だろう。
 このままでは誰が見ても、公職選挙法違反、履歴詐称、国家転覆罪等々の疑いが
 持たれる。
 国民に納得できるまで説明した後、台湾人か中国人か、はっきりと説明してから、
 私は日本人と言ってみてはどうだろ。
  
 謝蓮舫よ、民進党代表の辞任で誤魔化さず、ここは潔く、国会議員を辞職し、子供たちと
 共に中国へ帰り、赤旗でも振って、暮したらどうです。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫:党首辞任で、国民を誤... | トップ | 2017年:世界ゴルフ選手権シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL