Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

英樹、まだ逆転可能だ、狙えわずか6打差、

2017-06-18 23:32:25 | 日記
 主役のいないフィールドで、最後日、ファウラーとプレーオフ演じては?
 メジャー第2戦 第3日目
  
 
 第117回 全米オープン選手権2017

 平成29年6月15日から18日の4日間にわたって開催されます。
 賞金総額は1200万ドル、フェデックスカップ(FedExCup)ポイントは600ポイント、
 世界ランクポイントが100ポイントという設定で、

 ウィスコンシン州エリン:エリンヒルズ(7741ヤード.パー72)
  
 エリンヒルズの建設がスタートしたのが2004年で、正式にオープンしたのが
 2006年の為、比較的新しいコースです。

     
 ここ、エリンヒルズで全米オープンが開催されるのは初となりますが、
 2011年の全米アマチュアゴルフ選手権が一度開催されています。

 このフィールドで使用されている芝は、フェアウェイが、ファインフェスキュー、
 ティーとグリーンが、ベント芝が使用されています。

 このコースでは、全米オープンが初めて開催されるコースで、全長7741ヤードの
 超ロングコース、木や林などはほとんどなく、イギリス伝統のリンクスに似せて
 作られたようで、

 全米オープン
 第3日目、決勝ラウンド


 1位:ブライアン ハルマン
    
 7アンダー1位タイからのスタート,1番ロングでバーディを奪って、3番では
 ボギーを叩き、4番バーデlを奪い前半2つ伸ばして“34”で折り返したバック
 ナイン、11番バーディ、14番ロングと続く15番で連続バーディを奪い後半も
 3つ伸ばし“33”で待あり、ラウンドで5つ伸ばし“67”は、通算12アンダーで
 首位をのまま最終日を迎えるが、1打差で3人の追走者をどうかわすか、
 最終日を迎える。

 2位タイ:ジャスティン トーマス
    
 2アンダー24位タイからのスタート、1番ロングでバーディ、2番でも連続バー
 ディを奪ったが、4番でボギを叩き、5番でバーディ、7番ロング、8番、9番と
 終盤3ホールでバーディを奪い、前半で5つ伸ばし“31”で回ると折り返した
 後半、10番でボギーを叩いたが、12、15,17番でバーデイを奪うと最終ホールの
 ロングでイーグルを決め、後半も4つ伸ばし“32”で回ると、ラウンドで9つ伸ばし
 “63”で回り、通算11アンダー一挙に22抜いて2位タイに浮上し、首位との1打差
 に挑戦、優勝も狙える位置に付け、最終日を迎える。

 2位タイ:トミー フリートウッド
    
 7アンダー1位タイからのスタート、前半で2つのバーディ、ノーボギー、2つ
 伸ばして“34”折り返したバックナインでも3バーディ1ボギー、2つ伸ばして
 “34”で回り、ラウンドで4つ伸ばして“68”で回り、通算11アンダー2位タイに
 3人が並び、最終日首位との1打差逆てんで優勝を狙う。

 2位タイ:ブルックス コエプカ
    
 7アンダー1位タイからのスタート、1番ロングでキッチリとバーディ、3番で
 ボギーを叩いたが、5番でバーディ奪御前半1つ伸ばしただけ、“35”で回り
 折り返した後半インでは3つのバーディ、12番のミドル、そして、2つのロング
 14番、18番で、バーディを奪い、ノーボギーで後半3つ伸ばして“33”で回り。
 ラウンドで4つ伸ばし“68”で回り、通算11アンダーは2位タイに3人が並び
 最終日決戦に挑む。

 5位:リッキー ファウラー
    
 6アンダー5位タイからのスタートの1番ロングでバーディを奪うと、このまま
 行くかと思わせたが、バーディが続かない、2番から5連続パーをキープ、7番の
 ロングでバーディを奪った直後、8番でボギー、9番ショートでバーディを奪い、
 前半2つ伸ばして“34”で折り返したバックナイン、10番からの我慢の3ホールを
 パーで凌いだが、13番ショートでボギーを叩いた直後、14番ロングホールから
 15番、16番、3連続バーディを奪い後半でも2つ伸ばし“34”で回ると、ラウンド
 で4つ伸ばし“68”で回ると、通算10アンダー、首位と2打差、単独5位で最終日
 を迎え、逆転優勝も狙える位置に付けた。
 最終日は、ファウラーからは目が離せなくなった。


 14位タイ:松山英樹
  
 5アンダー8位タイからのスタート、1番ロングで、バーディ奪えずパーで迎えた
 2番ホールミドルの2打目を、1mに付けるとキッチリとこれを沈めた、3番から
 6番までの4ホール、カップを僅か外す連続パーが続き、迎えた、7番2つ目の
 ロングホール613ヤードで、ティ―ショットをバンカーに入れ3打勝負、上りの146ヤート、
 グリーン左12mに付けたが、バーディ奪えずパー、やっと来た、8番499ヤードの
 パー4で、セカンドはラフから、見事グリーンオン、ベタピン1mに付け2つ目の
 バーディ、9番ショートはパーで切り抜け、前半2つ伸ばし“34” で回り、折り
 返したバックナイン、上位が伸ばす中、後半の10番で、昨日に続き28ホール目に
 ボギーを叩いた。厳しい発進となった、
 11番12番はパー、13番ショートで短いパットを決めきれず、ボギー、見ていて、
 「イライラ」14番ロングで、バーディを奪うが15番でボギーを叩くようでは、
 首位と6打差は、離れすぎ、覚醒したと思わせたが、怪物英樹が、最終日に再度、
 覚醒してくれれば、メジャーも夢ではない。
 それを繋いだのが最終18番ホールで、5mをねじ込んだ執念のバーディパットだ。
 最終日は、首位と6打差とは言え、逆転も夢ではないはず、その夢のメジャー制覇、
 目指して頑張って貰いたい。

     
 世界ランキングビッグ3が予選で消えたこの大会、残った4位の松山英樹にも負けられない
 意地もあるだろう。「不退転」の気持ちでやってみろ。
 多くのフアンの祈願でもあるのだ、頑張れ怪物英樹。みんなが寝ないで応援しているから。


  全米オープン
  第3日目、決勝ラウンドの順位と成績


  1位T 12アンダー 67 70 67 00 000  ブライアン ハルマン
  2位T 11アンダー 73 69 63 00 000  ジャスティン トーマス
  2位T 11アンダー 67 70 68 00 000  トミー フリートウッド
  2位T 11アンダー 67 70 68 00 000  ブルックス コエプカ
  5位T 10アンダー 65 73 68 00 000  リッキー ファウラー
  6位T  9アンダー 69 70 68 00 000  キム シウ
  7位T  8アンダー 68 75 65 00 000  パトリック リード
  7位T  8アンダー 71 70 67 00 000  ラッセル ヘンリー
  7位T  8アンダー 70 70 68 00 000  チャーリー ホフマン
  10位T  7アンダー 72 68 69 00 000  ビル ハース
  10位T  7アンダー 71 69 69 00 000  ブレンダン スティール
  10位T  7アンダー 70 69 70 00 000  ブラント スネデカー
  10位T  7アンダー 66 73 70 00 000  ザンダー シャウフェレ
  14位T  6アンダー 74 65 71 00 000  松山英樹
  14位T  6アンダー69 72 69 00 000  ベルン ウィースバーガー
  14位T  6アンダー 69 69 72 00 000  J.B. ホームズ

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英樹覚醒、一挙に首位と2打差... | トップ | 松山英樹、最終日:堂々の2位... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL