Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

第72代横綱:稀勢の里誕生、おめでとうございます。

2017-01-25 13:53:12 | 日記
 

 日本相撲協会の、「春場所番付編成会議と臨時理事会」で、正式に稀勢の里
 関の、横綱昇進が正式に承認された。

 
 正式承認後、東京都内の横綱伝達式の会場へ相撲協会からの使者が、出向き
 横綱昇進を伝えられた。

 伝達式:
 
 昇進を伝える使者、春日野理事(元関脇栃乃和歌)ら2人の使者より、
 本日の理事会にて、大関稀勢の里、満場一致にて横綱に推挙されました。
 ここにお伝えいたします、自らの相撲道を邁進して更なる努力をしてください。
 本日は誠におめでとうございます。
 春日野理事より、第72代横綱の昇進が伝えられると。

 稀勢の里
 
 謹んでお受けいたします、横綱の名に恥じぬよう精進いたします。
 本日はありがとうございました。
 
 これまでの横綱の「四字熟語」は使わず、シンプルな言葉で返答した。
 

    


 明治神宮で27日:横綱奉納土俵入りを「雲竜 型」で披露される。
 稀勢の里の横綱土俵入りは「雲竜型」右手を斜め前方に出し、左手の先を脇腹に
 当ててせり上がる。
 この土俵入りに稀勢の里は、「昔から雲竜型にあこがれがあった」と言う。
 太刀持ちは、弟弟子の小結高安、露払いには、同じ一門の幕内の松鳳山が務める。
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見えた、稀勢の里横綱昇進が | トップ | 2017年全豪オープン:錦織圭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事