Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

プレーオフ9ホール目で、池田が逆転

2016-10-11 00:31:00 | 日記
 今季2勝目、ツアー通算15勝目の優勝、池田勇太おめでとう。
 

 日本男子ゴルフ
 ツアーワールド・カップ(賞金総額1億円、優勝2000万円)
 10月6日~10月9日まで開催

 
 茨城県石岡GC(7071ヤード.パー71)


 決勝ラウンド4日目
 異例のプレーオフ、日没サスペンデッド、月曜日、9ホール目に決着
 
 大会は3日目の降雨による中断で、前日から持ち越した第3ラウンドの残り
 3ホールに続き、4日目の最終ラウンドを「66」で5つ伸ばした池田勇太に、
 「68」の14アンダーで並んだ、ソン・ヨンハン(宋永漢)とのプレーオフでの
 優勝争いとなった。

 
 プレーオフは、サドンデス形式の(18ホールの繰り返し)に突入した。
 前日(3日目)から持ち越した、第3ラウンドの残り3ホールと、最終ラウンドの
 18ホールも加えて、プレーオフの4ホールを回り、計25ホールをプレーで決着
 つかず、最終日の午後4時過ぎに(18・18・15・21)、72ホールを完了。
 プレーオフは両選手ともに、4ホール連続でパーとした直後、プレーオフを含めた
 最終日のラウンド、25ホールを終えたところで、午後5時15分に日没サスペン
 デッドとなり、異例の国内男子ツアーでは、史上初めてプレーオフが、月曜日に
 持ち越された。

 1973年のツアー制施行後、国内男子ツアーでの「最長プレーオフ記録」は、
 ピーター・トムソンがグラハム・マーシュ、ブライアン・ジョーンズ、宮本省三
 との4人の争いを制した1976年「ペプシウィルソントーナメント」の14ホールと
 なっている。

 月曜日プレーオフ5ホール目から再開
 
 最終日プレーオフ、4ホールで決着がつかず日没が迫ったため、プレーオフ
 5ホール目からは、男子ツアーでは初めて、翌日の月曜日に持ち越され、プレー
 オフは、5ホール目から前日に引き続き、18番ホールの繰り返しで行われ、
 月曜日の、午前7時半に再開した。池田・ソンともに5、6、7、8ホール目も譲ら
 ないまま、両者パーで決着つかず。
 プレーオフに入ってから9ホール目で、パーオンを逃したソン・ヨンハンに対し、
 池田勇太は執念で、2mのバーディパットを沈め、ソン・ヨンハンを振り切り、
 4月の「パナソニックオープン」以来、今季2勝目ツアー通算15勝目をマークし、
 優勝賞金2000万円を獲得した。


 
 トータル13アンダーの3位タイにはハン・ジュンゴン(韓国)とこの日“65”を
 叩きだした片山晋呉が食い込んだ。

 
 最終ラウンドを首位で迎えた、宮里優作が、1バーディー、3ボギー、2つ落し73で
 回り、通算12アンダーの5位に後退、「次に向けて、いい課題をもらったと思う
 しかない」と言ったが、次どう戦う。

 トータル11アンダー単独6位に、ホストプロの藤本佳則、10アンダーの7位に、
 市原弘大が入った。賞金ランク1位の谷原秀人は、通算6アンダーの20位、前週の
 「トップ杯東海クラシック」を制した、片岡大育は通算4アンダーの29位に終わった。


 ツアーワールド・カップ
 第4日目、決勝ラウンドの順位と成績

 1位T 14アンダー 68 67 69 66 270  池田勇太 9ホール目プレーオフ制す
 1位T 14アンダー 66 67 69 68 270  宋 永漢 (ソン・ヨンハン)
 3位T 13アンダー 68 71 67 65 271  片山晋吾
 3位T 13アンダー 66 75 63 67 271  黄 重坤(ハン・ジュンゴン)
 5位T 12アンダー 66 70 63 73 272  宮里優作
 6位T 11アンダー 75 65 66 67 273  藤本佳則
 7位T 10アンダー 69 72 66 67 274  市原弘大
 8位T  9アンダー 67 69 69 70 275  アンヘロケー
 8位T  9アンダー 67 72 68 68 275  小平智
 8位T  9アンダー 71 70 68 66 275  宮瀬博文
 8位T  9アンダー 66 75 68 66 275  チャ・ンキム


 決勝ラウンド3日目

 第3ラウンド、ムービング、サタディーの3日目、降雨による中断を挟み、
 暫定首位の、宮里優作を含め6名が、3ホール残し日没、サスペンデッドとなりました。

 ツアーワールド・カップ
 第3日目、決勝ラウンドの順位と成績

 1位T 14アンダー 66 70 63 00 000  宮里優作
 2位T 13アンダー 66 70 64 00 000  額賀 辰徳
 3位T 11アンダー 66 67 69 00 000  宋 永漢  ソン・ヨンハン
 4位T  9アンダー 68 67 69 00 000  池田勇太
 4位T  9アンダー 66 75 63 00 000  黄 重坤  ハン・ジュンゴン
 6位T  8アンダー 67 69 69 00 000  アンへロ ケー
 7位T  7アンダー 66 71 69 00 000  富村 真治
 7位T  7アンダー 68 71 67 00 000  片山晋吾
 7位T  7アンダー 75 65 66 00 000  藤本佳則


 予選ラウンド2日目

 やはり来たよね、今季2勝目を狙う韓国の宋 永漢選手が、初日は5アンダー
 4位タイで、宮里と2日目、スタートした選手が、アウトで2バーディ、インでも
 2バーディ、ラウンドで4つ伸ばし、“67”で回り、9アンダー、首位に躍り出た。
 首位に2打差で付けた池田勇太は、先週、トップ杯東海クラッシックで、池田勇太は
 逆転され単独2位で終え、涙を呑んだあの大会から、初日3アンダー20位にいた、
 池田はラウンド4つ伸ばして“67”で回り18人抜いて、単独2位に躍り出た。
 さぁ、池田のリベンジだ。
 この日、宮里も来た4位タイから1つ伸ばし3位タイに浮上、海老根 文博、額賀 辰徳、
 アンへロ ケーからも、目を離せなくなってきた。
 前週優勝の片岡大育は22位、賞金ランキング1位の、谷原秀人は37位で出遅れた。
 初日に首位に立った、デイビッド・オーは、8つも落として、1オーバーの62位まで
 後退、このような事もあるのだろうかと驚くばかりだ。

 ツアーワールド・カップ
 第2日目、予選ラウンドの順位と成績

 1位T  9アンダー 66 67 00 00 000  宋 永漢
 2位T  7アンダー 68 67 00 00 000  池田勇太
 3位T  6アンダー 64 72 00 00 000  海老根文博
 3位T  6アンダー 66 70 00 00 000  宮里優作
 3位T  6アンダー 66 70 00 00 000  額賀 辰徳
 3位T  6アンダー 67 69 00 00 000  アンへロ ケー


 予選ラウンド1日目

 初日首位、アメリカの、ディビット・オーに並び、ツアー未勝利の、日本のレジェンド
 41歳の海老根文博が、ボギーなし7バーディ64で回り、並んで首位に立った。
 1打差の3位には韓国のS・H・キム、が続き、今季、選手会長に就いた宮里優作が、
 5連続バーディ奪い追い上げて、4位対の9名に中に入り、先週の東海クラッシックでの
 4位に入って
 好調のまま参戦した今大会、秋以降に強い宮里にとっては期待されるシーズンでもあり、
 4年連続の勝利に期待したい。

 ツアーワールド・カップ
 第1日目、予選ラウンドの順位と成績
  1位T 7アンダー 64 00 00 00 000  ディビッド・オー
  1位T 7アンダー 64 00 00 00 000  海老根文博
  3位T 6アンダー 65 00 00 00 000  S・H・キム、
  4位T 6アンダー 66 00 00 00 000  宋 永漢(ソン・ヨンハン)
  4位T 6アンダー 66 00 00 00 000  黄 重坤(ハン・ジュンゴン)、
  4位T 6アンダー 66 00 00 00 000  宮里優作
  20位T 3アンダー 68 00 00 00 000  片山晋吾、
  20位T 3アンダー 68 00 00 00 000  池田勇太、
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 錦織圭 臀部の痛みで、途中棄権 | トップ | 前夜祭:役者が揃った、日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL