Umi kakasi

自分が感じたことを思うままに表現してみたい。

石川遼4試合ぶり予選通過

2017-04-23 22:08:58 | 日記
 バレロ・テキサス・オープン 
 
 4月20日~4月23日
 アメリカテキサス州
   
 TPC サンアントニオ・AT&T.オークス・コース(7435ヤード.パー72)
 賞金総額は620万ドル、優勝賞金は111万6000ドル、フェデックスカップ(FedExCup)
 ポイントは500ポイントが割り当てられています

 昨年の覇者:チャーリー・ホフマン
    

 バレロ・テキサス・オープン
 3日目(決勝ラウンド)

 1位:ケビン・チャッペル
  
 7アンダー3位タイからスタートしたケビンは、前半のアウトは乱調、3バーディ、
 3ボギー、1ダブルボギー、前半2つ落し“38”で折り返した後半は、3バーディと
 3つ伸ばし“33”で回り、ラウンドで1つ伸ばし“71”で回り、通算8アンダー、
 2位に1打差つけ、首位で最終日を迎える。

 2位タイ:ブランデン・グレイス、
   
 5アンダー10位タイからのスタート、アウトを2バーディ1ボギー、1つ伸ばして
 “35”で回り、折り返したバックナイン、2バーディ1ボギー1つ伸ばして“35”
 で回り、ラウンドで2つ伸ばし、通算7アンダー、2位タイ首位と1打差で
 フニッシュ。

 2位タイ:ジョン・フー、
 
 6アンダー7位タイからのスタート、アウトは我慢の連続、序盤・中盤の8ホールを
 パーで凌ぎ、9番ホールでボギーを叩き1つ落し“37”で回り、折り返した後半、
 1イーグル、2バーディ、2ボギーで2つ伸ばし“34”で回ると、ラウンドで1つ
 伸ばし、通算7アンダー、首位とは1打差で最終日を迎える。


 4位タイ、6アンダーは首位と2打差で、7人が並び最終日は、混戦模様。
 ライアン パーマー、カール ペターソン、マーティン レアード、ケビン ティウェイ、
 バド コーリー、トニー フィナウ、キャメロン スミス、


 35位タイ:石川遼
 
 予選ラウンド2日目に、1アンダー47位タイで、4試合ぶりに予選を突破した
 石川遼に期待されたが、3日目の出だしのアウト1番、2番で、連続ダブルボギーを
 叩いて、大きく失速、7番でバーディ奪っても8番でボギー、前半で4つ落し“40”
 で折り返した、
 後半、3つのバーディ、ノーボギーは、3つ伸ばし“33” で回り、ラウンドを
 1つ落し、イーブに戻し、35位タイで、最終日を迎えるが、ダブルボギー連続は
 戴けないよね。
 頑張らなければ、昨年石川は公傷で長期休場したいた為、PGAシード権,確保も、
 厳しくなるだろが、最終日は、是非頑張ってもらいたい。


 バレロ・テキサス・オープン
 第3日目

 1位T 8アンダー 69 68 71 00 000  ケビン チャッペル
 2位T 7アンダー 67 71 71 00 000  ジョン フー
 2位T 7アンダー 66 73 70 00 000  ブランデン グレイス
 4位T 6アンダー 70 66 74 00 000  バド コーリー
 4位T 6アンダー 71 65 74 00 000  トニー フィナウ
 4位T 6アンダー 72 65 73 00 000  キャメロン スミス
 4位T 6アンダー 70 68 72 00 000  ケビン ティウェイ
 4位T 6アンダー 73 66 71 00 000  カール ペターソン
 4位T 6アンダー 72 67 71 00 000  マーティンレアード
 4位T 6アンダー 74 68 68 00 000  ライアン パーマー
 
11位T 5アンダー 68 72 71 00 000  ブライアンゲイ
12位T 4アンダー 68 69 75 00 000  ボブ エステス
 
36位T 0アンダー 71 72 73 00 000  石川遼

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウェズリー・ブライアン(26)、PGA初優勝。

2017-04-18 21:24:25 | 日記
 ウェズリー・ブライアン(26)、PGA初優勝
 昨年、ウェブドットコムツアーに出場し、13試合で3勝して頂点を極め、
 賞金王として堂々と参戦し、ウェズリー ブライアンを制し、
 ツアー初優勝を成し遂げた、優勝おめでとう。
 

 アメリカ サウスカロライナ
   
 ハーバータウンGL(7,099ヤード、パー71)

 ウェズリー・ブライアン(26)。
  
 参加3試合目の、ルイジアナオープンでツアー初優勝。4月にはメキシコ選手権で
 2勝目、8月でもアリーオープンで3勝目を挙げ、出場した13試合で3勝と、怒涛の
 勢いで頂点を極めた、ブライアンは、ウェブドットコムツアーの賞金王となり、
 出場優先順位1位で、今季PGAツアーのシード権を獲得し、RBCヘリテージ・
 トーナメントの3日目に、9アンダー6位タイに、ルーク・ドナルド、ウィリアム・
 マクガートが並び最終日に抜け出し、ウェズリー・ブライアンが、PGAツアー
 初優勝を掴んで、優勝賞金1,170,000ドル、FedExCupポイント: 500pt.を
 獲得した。


 1位:ウェズリー ブライアン
   
 9アンダー、6位タイからのスタート、アウト3番でボギーを叩き出遅れた感は
 あったが、圧巻は、4番から4連続バーディを奪っても、8番でボギーを叩き、
 アウトは2ツ伸ばしただけで“34”で折り返したサンデーバックナイン、インで
 2バーディを奪い、2つ伸ばし“33”で回り、ラウンドで4つ伸ばし、通算13アンダー
 2位に1打差つけて、ウェズリー・ ブライアンが、ルーク ドナルドを制し、
 初優勝を成し遂げた。

  2位:ルーク ドナルド
   
 9アンダー、6位タイからのスタート、アウトの2番でダブルボギーを叩き出遅れ
 たが5番ンのpロングと9番でバーディを奪い前半イーブン“36”で回り、折り
 返した後半、11番、と13番14番で連続してバーディを奪い、後半はノーボギー、
 3つ伸ばし“32”出回り、ラウンドで3つ伸ばし、“68”で回り、通算12アンダー
 首位と1打差で単独2位でホールアウト。

 3位:ウィリアム マクガート
   
 9アンダー、6位タイからのスタート、アウトで2つのバーディ、“34”で、前半を
 折り返した後半、1バーディ1ボギーで、イーブン“35”で回り、ラウンドで2つ
 伸ばし“69”、上位二人に出遅れ、通算11アンダー3位タイでフニッシュ。

 3位:オリー シュナイダージャン
   
 8アンダー9位タイからのスタート、驚いたアウトの1番でバーディ、続く2番でも
 バーディを奪うと、5番のロング、6番と2連続バーディ、前半の最終ホールでも、
 バーディを奪い前半で5つ伸ばし“31”で回り、この時点で、通算13アンダーで
 トップに立ったが、折り返したサンデーバックナインに入ると、どうしたのか失速、
 11番のボギー、17番でもボギーを叩き、バーディも取れないまま、2つ落し“37”で
 回り、ラウンドで3つ伸ばし“68”は、通算11アンダー3位タイでフニッシュ。
 前半の勢いなら、優勝も手にしただろうに何があったのか?

 3位:パトリック カントレイ
  
 7アンダー13位タイからのスタート、アウトは4バーディ、2ボギーと2つ伸ばし、
 “34”で回り、折り返した後半、14番、18番でも2つのバーディを奪い“33”、
 ラウンドで4つ伸ばし“67”で回り、通算11アンダー、首位には2打届かず、
 3位タイで大会を終えた。

 39位タイ谷原秀人
 
 4アンダー31位タイからのスタート、期待してたが、アウトの5番ロングでバーディ、
 獲るのがやっと、残り8ホールパープレー、前半1つ伸ばし“35”で回り、折り返した
 後半は、バーディも奪えず、12番、17番でボギーを叩き、2つ落として“37”、
 ラウンドで1つ落し通算3アンダーに後退,順位も8つ落として39位タイでフニッシュ。

 69位タイ:池田勇太
 
 3日目アンダー69位タイからのスタート、アウトは2バーディ、1ボギー前半では1つ
 伸ばしたが、後半は、1バーディ、2ボギー、1ダブルボギーと大きくスコアーを乱し、
 3つ落として“38”、ラウンドで2つ落し、“73”は、通算2オーバー3日目と同じ
 69位でホールアウト。


 ヘリテージ・トーナメント
 決勝ラウンド(4日目)

  1位T 13アンダー 69 67 68 67 271  ウェズリー ブライアン
  2位T 12アンダー 65 67 72 68 272  ルーク ドナルド
  3位T 11アンダー 68 68 68 69 273  ウィリアム マクガート
  3位T 11アンダー 68 68 69 68 273  オリェ シュナイダージャン
  3位T 11アンダー 70 66 70 67 273  パトリック カントレイ
  6位T 10アンダー 65 67 69 73 274  グラハム デラート
  6位T 10アンダー 67 72 66 69 274  J.J. スパウン
  6位T 10アンダー 68 70 69 67 274  ブライアン ゲイ
  9位T  9アンダー 63 72 71 69 275  バド コーリー
  9位T  9アンダー 71 70 66 68 275  ブライアン ハルマン

  11位T  8アンダー 68 67 65 76 276  ジェイソン ダフナー
  11位T  8アンダー 72 64 66 74 276  ケビン キスナー
  11位T  8アンダー 66 68 68 74 276  ウェブ シンプソン
  11位T  8アンダー 66 68 69 73 276  イアン ポールター
  11位T  8アンダー 68 71 69 68 276  ブランデン グレイス
  11位T  8アンダー 69 69 70 68 276  カン スン
  11位T  8アンダー 70 66 72 68 278  ラッセル ノックス
  11位T  8アンダー 68 73 67 68 278  ライアン パーマー
  11位T  8アンダー 68 73 67 68 278  ブラント スネデカー
  11位T  8アンダー 65 70 74 67 278  サム ソンダース
  11位T  8アンダー 68 71 73 64 278  マット クーチャー

  39位T  3アンダー 67 70 72 72 281  谷原秀人
  69位T  3オーバー 70 71 72 73 286  池田勇太


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2度目の「造幣局の通り抜け」散策

2017-04-17 22:07:54 | 日記
 
 最高の天候に恵まれ、今年2度目の通り抜けに行ったが、初日の悪天候と違って、
 ゆったりと、さくらを見る事が出来た。

 今年のさくらに選ばれた、鬱金(うこん)
   

 新たに登場した、玖島桜(くしまざくら)
   

 今年は前年に比べ、さくらの開花が全体に遅れているようだ、いつもなら、ここ
 造幣局で、一番数の多い関山の開花が遅れているようだ。
     
 
   

   
 関山だけでない、兼六園菊桜等はまだつぼみのまま、松月など満開には程遠く、
 きれいに咲き誇った造幣局の通り抜けには、ならなかったようで残念だった、
 毎年来ていると、花の開花も判る気がする。

     
 今年の花見、大川のソメイヨシノが通り抜けの頃、満開では、造幣局構内の
 八重桜の開花が遅れているのは、最近になかった現象だ。
 あと1週間遅く開催されていれば、よかったように思える。

     

    

    

 来年を楽しみに、構外のソメイヨシノの満開の下、大川を走るいろいろな、
 遊覧船を眺めながら、屋台で喉を潤し、大川沿いを散策し写真を撮りながら、
 帰宅、途中、
     
 今日は、足を少し伸ばし、南の道頓堀界隈を散策して帰宅。


 時間があれば「ブックマークのさくら(桜花)」をご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷原秀人首位と5打差、優勝狙えるか

2017-04-16 14:15:06 | 日記
 RBCヘリテージ・トーナメント
  
 4月13日~4月16日まで開催
 アメリカ サウスカロライナ
   
 ハーバータウンGL(7,099ヤード、パー71)

 この大会には日本選手の3名が参戦、先週マスターズで決勝へ進めなかった
 池田勇太、谷原秀人の二人と、石川遼が参戦しだが、予選ラウンドを終えた
 2日目、谷原秀人は、16位タイ、5アンダー首位と5打差で健闘。
 池田勇太はカットラインすれすれの、1アンダー63位タイで決勝に進んだが、
 どうしても、成績の振るわない石川遼は、4オーバー112位タイで3大会(プエル
 トリコオープン、シェル・ヒューストンオープン、)に続き、今大会、ヘリテージ
 でも3連続の予選落ち。
 次週予定されている、4月20-4月23日開催の、バレロテキサスオープンに参戦の
 予定のようだが頑張ってもらいたいよね。

 RBCヘリテージ・トーナメント
 予選ラウンド2日目


 1位タイ:グラハム・デラート
   
 初日を6アンダー、2位タイでスタートを切ったが、アウトで、1イーグル、1ボギー、
 1ボギーと2つ伸ばし“34”で、折り返した後半も2つのバーディ、“33”で回り
 ラウンドで4つ伸ばして、”67”で回り、通算10アンダーで首位タイに並び、
 決勝を迎えた。

 1位タイ:ルーク・ドナルド
   
 6アンダー2位タイから、グラハムと首位タイからのスタート、アウトで4番から
 3連続バーディを奪い、3つ伸ばして、“33”で回ると、ハーフターンした後半、
 11番でボギー。12番でバーディを奪うと、6ホールパーで凌ぎ、最終ホールの
 18番でバーディ、後半1つ伸ばし“31”で回り、ラウンドで、4つ伸ばし“67”は
 通算、10アンダー首位で決勝ラウンドを迎える。

 3位タイ:イアン・ポールター
   
 アウトは3バーディ、1ボギー、前半2つ伸ばして“34”㿉折り返した後半は、
 2バーディ1ボギー、“34”で回り、ラウンドで3つ伸ばして、“68”で回り、
 通算8アンダー、3位タイで、決勝ラウンドへ進んだ。

 3位タイ」ウエブ・シンプソン
   
 5アンダー5位タイからのスタート、4バーディ、1ボギー、前半3つ伸ばして折り
 返した後半、もう少しは伸ばすかと思ったが、何と9ホール、我慢で凌ぎパープレー
 イーブンで回り、ラウンドで、3つ伸ばし”68”で回り、通算8アンダー3位タイで
 決勝ラウンドへ

 5位タイに5名が7アンダーで並んだ。
 バド・コーリー、ジェイソン・ダフナー、パット・ペレス、ニック・テイラー、
 サム・ソンダース、


 16位タイ:谷原秀人
 
 4アンダー11位タイからスタートした谷原、序盤のアウトを、2バーディ1ボギーと、
 1つ伸ばして“35”で回り、折り返したバックナインは、1バーディ、1ボギー
 イーブンで伸ばせず“35”で回り、ラウンドで僅か1つ伸ばしただけ、通算5アンダー
 16位タイ、スタート時より順位を落し、16位タイで決勝ラウンドへ進んだが、
 決勝では、是非頑張ってもらいたい。

 63位タイ:池田勇太
 
 1アンダー53位タイからのスタート、マスターズで予選落ちしていただけに、頑張って
 もらいと応援してたが、前半、2バーディ、2ボギーと伸ばせず、“36”イーブンで
 折り返した後半に入ると、出だしの10番でボギーを叩き躓いた。
 11番から17番まで、7ホール伸ばせずパープレーを続けた後、最終ホールでバーディを
 奪って、後半もイーブン“35”で回り、ラウンドで伸ばせず、“71”のパープレー、
 通算1アンダーはスタート時と同じで、63位に順位を落し、1打差、予選落ちギリギリで、
 決勝ラウンドへ進出したが、残す2日間は、谷原と共に頑張ってもらいたい。
 マスターズのリベンジだと。

    石川遼
 
 1アンダー53位からのスタート、アウトのロング5番でイーグルを奪っても3つのボギー
 を叩きアウトで1つ落し”37”で回り折り返した後半、ダブルボギーを2つ叩き、
 ボギーも1ツ、1バーディで回り、後半で、4つ落し”39”で回り、ラウンドで
 5つ落し”76”で回ると、通算4オーバー、112位で、連続3大会予選落ちした。


 ヘリテージ・トーナメント
 予選ラウンド(2日目)


  1位T 10アンダー 65 67 00 00 000  グラハム デラート
  1位T 10アンダー 65 67 00 00 000  ルーク ドナルド
  3位T  8アンダー 66 68 00 00 000  イアン ポールター
  3位T  8アンダー 66 68 00 00 000  ウェブ シンプソン
  5位T  7アンダー 63 72 00 00 000  バド コーリー
  5位T  7アンダー 68 67 00 00 000  ジェイソン ダフナー
  5位T  7アンダー 68 67 00 00 000  パット ペレス
  5位T  7アンダー 69 66 00 00 000  ニック テイラー
  5位T  7アンダー 65 70 00 00 000  サム ソンダース
  10位T  6アンダー 68 68 00 00 000  ウィリアム マクガート
  10位T  6アンダー 70 66 00 00 000  ラッセル ノックス
  10位T  6アンダー 69 67 00 00 000  ウェズリー ブライアン
  10位T  6アンダー 70 66 00 00 000  パトリック カントレイ
  10位T  6アンダー 72 64 00 00 000  ケビン キスナー
  10位T  6アンダー 68 68 00 00 000  オリェ シュナイダージャン

  16位T  5アンダー 67 70 00 00 000  谷原秀人
  63位T  1アンダー 70 71 00 00 000  池田勇太

 112位T  4オーバー 70 76 00 00 000  石川遼 CUT予選落ち

  
 松山英樹は、マスターズ最終日に健闘し、世界ランキング4位の面目を果し、
 11位タイで、2週のオープンウィーク後、4月27日-5月1日に開催される、
 チューリッヒ・クラシックに、 谷原秀人とペアを組んでの、出場が
 決まったようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪造幣局の通り抜け

2017-04-14 01:51:07 | 日記
   
 大阪近郊の、花見スポットといえば、大阪城公園や桜ノ宮、夙川の河川敷など、
 様々ありますが、大阪市民を中心に「大阪に花の里あり通り抜け」(本田渓花坊作)
 と詠われるように愛されているのが、大阪は桜ノ宮にある、有名なのが、
 「造幣局の桜の通り抜け」で、100年以上前から、太平洋戦争中とその直後を
 除いて、毎年行われている、大阪の「春の風物詩」で知られる桜の通り抜けは、
 今年で131回目となります。

 大阪造幣局の、今年の通り抜けは、
 平成29年(2017)4月11日~4月17日まで開催される。
 平日は午前10時~午後9時、土日は午前9時~午後9時。入場無料
 今年29年は、昨年より1品種多い134品種、350本の桜が並ぶ造幣局の境内。

 造幣局が毎年選ぶ「今年の花」には、淡黄緑色の花びらが特徴の、鬱金(うこん)
 が選ばれた。

 花は「鬱金」(うこん)
 
 古くから知られた桜。江戸時代に知恩院(京都市東山区)に植えられていたという。
 樹姿は直立高木、花は淡い黄緑色。ショウガ科の「ウコン」の根の色に似ている
 ことからこの名前が付けられたんだとか、花弁数は10~15枚。

 今年の桜は134種350本です。
 今年の桜の通り抜けには、新たに「玖島桜(くしまざくら)」が登場しました。
 「玖島桜」は、
 
 長崎県大村公園(玖島城跡)発祥の桜で、1本の木に咲く花の約半数が二段咲きです。
 二段咲きとならない花は、普賢象に似ますが、花弁数は約40~50枚あります。

 
 桜といえば「染井吉野」が一般的で、ここ、大阪天満周辺の大川(旧淀川)沿いは、
 江戸期から桜の名所で、一足先に咲き乱れる、「ソメイヨシノ」の桜の満開を境に、
 八重桜の多い、造幣局境内に咲き乱れる桜を観て、1883年時の局長が「局員だけの
 花見ではもったいない」との一声から、公開が始まったと言われ、あれから134年
 に至った。
 現在敷地内には134品種350本の桜が560メートルにわたって通り抜けを彩って
 いるが。
 造幣局、施設課で2人しかいない、桜の専門知識を持つ通称「桜守」の職員の苦労は、
 計り知れないほどで、さくら1本ごとにカルテがあり、成長具合や枝折れ、害虫など
 季節ごとに、6項目以上の点検事項を毎月確認するのが主な業務で。
 ことわざに「桜切るバカ」とあるように、桜は枝の切り口から、菌が入り込みやすい
 というが、敢て、造幣局では「はさみ」を入れることもあるそうだ。
 担当者の渡辺氏によれば「垂れてきた雨水が切断部に入り込まないよう処置する
 『秘伝の技』がある」と言う事らしい。
 
 年間の苦労は、正念場の夏場を乗り切り、春の通り抜けに合わせ満開を想像しながら
 作業を続けている、
 広報室の担当者は「公開時期の決定も経験と知見の蓄積によるもの」で、毎年、
 3月上旬から中旬に発表される。学識経験者などにも相談しながら、過去の開花状況や
 その年の気温変化から予想。全体の華やかさを最大にするため、最も館内で本数が多い
 「関山(かんざん)」の満開に合わせて、開催日が決められてるという。
 恒例の行事だけに、寒い日や暖かい日が続き状況が変わっても、警察や消防など
 関係各所もすでに態勢を組んでいるため変更はしない。
 広報担当者は「3月から4月はいつもハラハラドキドキしている」らしい。
 今年は、淡いピンクの「玖島(くしま)桜」が新たに加わり、全350本になるという。
 ピーク時の1931年には、764本あったというから驚きだ。
 45年には空襲で300本が消失、70年ごろには、大気汚染のせいか多くの桜が枯死した
 こともあるといい、造幣局博物館の岩崎光男館長は「歴史は決して順調だった
 わけではない」と強調する。 敷地内の養成地では小さな枝から育てられた143本の
 苗木が晴れの舞台へのデビューを待ち望んでいる。
 「生き物である以上、絶えず変化するが、最高の姿を見せ続けるのが我々の使命」
 (渡辺さん)。今年も、大阪造幣局の通り抜け百花繚乱(りょうらん)を、守り
 伝える関係者の思いに触れながら、いっそう楽しみになってきた。

 
 ここ数年、開催される初日に、雨に遭うことがなかったが、やはり初日は、雨など
 関係ないが如く、見物客も晴天と違い雨により多少、少ないようだ。
 10時開門を待つ造幣局の通り抜けに向け、天満の神橋橋詰から、造幣局の南門まで、
 大勢の花見客の行列、雨の桜も風情はあるが、何となく傘の花には戸惑った。
 
 今年のさくら「鬱金」(うこん)南門から入ってすぐ近くに、珍しい紅手毬、その
 近くの左側には、今年の桜に選ばれた「うこん」を観ながら、博物館近くまで行くと、
   
 ここには養老桜、そして旧正門、近くの中央に、今年仲間入りした「玖島桜」
 (くしまざくら)、その少し先、大川側でも、今年の桜「鬱金」(うこん)を
 見ること出来る

 いつもなら、ゆっくりと写真も取れたが,傘を広げたり、しぼめたり、何となく
 落ち着いて、桜を眺めながら思いの写真も取れないまま、数時間、園内で写真撮り
 続けたが、いつもより早く帰宅。
 
 天気の良い日、週末に出直す事にして、初日は天神橋商店街で食事し、梅田駅界隈を
 ぶらつきながら帰宅。
 次、天候次第で再度、金曜日に、「大阪に花の里あり通り抜け」に行くとしよう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加