ノープロブレム・ダイアリー

何があっても気にしない。
ノープロブレムでお気楽にいきましょう。

息子の引越し どうしよう

2017年01月25日 | ムスコのこと

半年ぶりに知人にあって立ち話。

まだまだ若い彼女の息子さんは小学生と中学生。

聞いてくださいよ~~と文句言ってましたけど

そうそう、そんなこともあったわぁ。。。。と懐かしく思えます。

その時は必死ですけど、時が過ぎれば反抗期さえ懐かしい思い出になるのね。

すでに成人し、自分で進路を見つけ、この先のことはもう知りません!!状態の息子ですが

今一番気になってるのが、3月に控えた引越しのこと。

そのまま自校の院に進むとばかり思っていたのに

行きたいところがある・・・と他大院に進学を決めたため

東京から関西に引っ越すことになりました。

3月といえば、世界中の日本人が一斉に移動する時期。

希望の日程で、引越しできるかどうかは事前の準備にすべてがかかっています。

準備が悪いと、希望の日程が取れない上に、法外な値段をふっかけられて

荷物も乱暴に扱われて・・・なんてことにもなりかねません。

私が唯一自慢できる?のは、結婚以来とにかく引越しが多かったこと。

駐在員で、毎年まわりの誰かが引越してる・・・という環境だったので

業者のいいところも悪いところも、イヤというほど耳にしてるし、私自身も経験してる。

 

息子は一人暮らしなので、家財道具はほとんどありませんが、とにかく本が多い。

箱詰めは自分でできるけれど、

大きな箱に詰めるわけにはいかないので

きっとかなりの数の箱になるはず。

退去日は決まっているので、早めに見積もりを取って、業者を決めなさいね!とアドバイスしたのですが

やっているのかいないのか。

 

口を出しすぎるのもな~~と思って、そのままにしていますが

かつて娘の引越しを経験した友人が、

子どものこと信用しちゃだめよ!!と恐ろしいアドバイス。

引越し当日、気軽に掃除の手伝いに行ったはずが

荷物がほとんど手つかずで散乱(娘は一晩中遊んでいて間に合わなかった)

箱の見積もりが甘くて足りない!→ あわててホームセンターに段ボールを買いに行く

トラックに荷物が乗り切らず、自分の車に数箱押し込んで自宅に持ち帰った。。。。

人生で一番思い出したくない黒歴史だわ とのこと。

怖すぎる.....

 

いや、さすがにそこまでひどくはないだろう・・・とは思うものの

単純な事務作業は不得意だし、力任せにやっちゃえ!というパワーはなさそうだし

確かに不安になってしまう。

放任主義?だったオットですら、手伝いにいかなくていいの?と心配するし

実家の母が、私が若ければ行ってあげるのになんて言い出すので

あら?私、本当は行った方がいいのかしら??と

少々心配になってます。

送り出した時は、自分で勝手にやってもらったのですが

これが最後!と手伝いに行こうかどうしようか、結構本気で悩んでいます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新横綱誕生 | トップ | 鬼は外、福は内 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本はミカン箱 (くわ)
2017-01-28 08:52:34
息子さん、ご進学おめでとうございます。

私が引っ越し初心者の頃、大きな箱に本を詰めて、大変な思いをしたことがあります。本は、やはりミカン箱に限ります。

お一人なら単身パックという選択はないのでしょうか。

私も同僚の引っ越し手伝いに行って同じような経験があります。引っ越し当日、山のように積まれたマンガ本(捨てていくもの)、大量のペットボトル。どうすんの、コレ。ま、なんとかなりましたけど。
ミカン箱! (yui)
2017-01-28 12:02:15
ありがとうございます。

ミカン箱なんて懐かしい響きでしょう!(笑)
私たちの年代だと、冬場必ず家に数箱ミカンがあったものですよね。
残念ながら我が家では、ミカン好きは私だけなので、箱で買ったことがありません。息子はミカン箱なんて、お店のものだと思ってるかも。

単身パックで十分だと思うのですが、とにかく本が多いので、箱数だけは相当じゃないかと。(処分するのかしら???)
次の家が決まるのが来月なので、なかなか本気になれないようです。

ま、最終的にはなるようになる!と信じています。

コメントを投稿

ムスコのこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。