吉敷川だより

山口盆地を小さく貫く吉敷川、そのほとりに住まい、キノコや花を求め、山野を彷徨っています。移ろいゆく自然に心を重ねながら。

庭仕事の愉しみ

2017-05-15 | Weblog
 昨日、秋吉台を歩いて、きのこが全く見られず、カメムシの写真を撮っただけとなった。

 今日は別の課題、庭仕事に取り組む。まず、セロリの植え付けを行う。続いて長い間放置していて、はびこりすぎた、シラン、スズランおよびハランを引き上げた。

 昼食後、ホームセンターへ走り、亀の子たわしの大小を購入し、門扉と車庫のシャッタードアの清掃に励む。
 青いこけがびっしりと付着し、たわしで本気になってこすった。たぶん明日は筋肉痛であろう。
 二人でやって、時間がずいぶんかかったが、なんとか見栄えもよくなりほっとする。

 バンペイユの花の匂いがあふれる中での作業で、苦にならない。ただ、バンペイユの2本のうち1本は隣との境のブロック塀から、1mほどしか離れていず、塀から隣へ伸び出した枝をはねた。
 もう少し内側に植えればよかったと悔やまれる。

 我家は、90坪ばかりの土地に、建坪40数坪の二階建てで、庭には大きなバンペイユが2本、柿の木1本などが植わっている。
 狭い庭だが、植えた野菜などの生長を見る楽しみはなんともいえず、またその他に、することは結構あって、1日はあっというまである。

 昼過ぎに出かけた折に、ついでに本屋へも寄り、『ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ』を注文した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウメウスフジフウセンタケ | トップ | アオエノモミウラタケでは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む