吉敷川だより

山口盆地を小さく貫く吉敷川、そのほとりに住まい、キノコや花を求め、山野を彷徨っています。移ろいゆく自然に心を重ねながら。

しばらく休みます

2017-06-16 | Weblog
 今日も午前中、鴻ノ峰を歩く。まだ、山中のそこここに、テイカカズラの甘い香りが漂っている。

 どこの幼稚園か知らないけれど、園児が12~13人、先生が3人 ばかりで、たぶんほとんど毎日、この鴻ノ峰の麓で遊んでいる。

 今日も、子供達の歓声が森にこだまし、少しエネルギーをいただく。

 わたしたちは修験者のように、歩くことを己に課している。

 この魅力的な鴻ノ峰の山麓も、こうカラカラでは期待しているきのこの姿もまるで見られず、足早にただ粛々と歩く。
 というのも、今日は脊柱管狭窄症の症状が軽く、いつもの早足でせかせかと歩けた。

 心臓もそれほどあたふたとせず、まだまだ当分歩けそうである。


 話は変わるが、野際陽子さんが亡くなられたという。妻がなにやらリズムを口ずさむ。野際陽子さんの出ていた番組の主題歌だという。

 音感も欠如しているわたしにはとんと覚えがない。

 ネットで検索して、それが「キイハンター」だと分かる。
 もう40年くらい前のドラマである。

 さて、梅雨入り宣言があって、既に10日、雨は降らず、そのうえ乾燥注意報が続くわが山口。
 焦る心で、週間天気予報を見ても、一週間後の23日にわずかにしぼんだ傘マークが見られるのみ。

 きのこ観察はしばらくあきらめ、それではきのこ図鑑の更新をと、新しく導入した「ホームページビルダー21」を操作しょうとしたが、ページを保存する際に「上書き保存」しかないのに気づく。「名前を付けて保存」がなくなっている。

 さてどうしたものか。

 雨が全く降らず、野に出る意欲がわかない、雨が降るまでしばらく本ブログを休みたいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミズキの花の咲く頃 | トップ | くろもじの木の匂いが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む