吉敷川だより

山口盆地を小さく貫く吉敷川、そのほとりに住まい、キノコや花を求め、山野を彷徨っています。移ろいゆく自然に心を重ねながら。

バライロアミアシイグチ

2010-08-16 | Weblog
 昨夜、いつまでもずきずきと痛むので、やむなく夜間救急診療所へ電話した。

 受付の看護師は、わたしの症状を聞いた後、保険証の持参、飲んでいる薬がわかるもの、場所は知っているかなど、てきぱきとした応答でわたしを安心させる。

 診療時間が22時までとなっていて、最後の患者となったわたしは、医師の素っ気ない診療を受け、ショック用、痛み止め、ステロイド系の塗り薬をもらい、2000円なにがしかの金を払い、辞去した。

 今朝は痛みは既にないが、左目のまぶたのあたりと、左手の親指の根元は顕著に膨らんでいる。刺された親指を曲げると痛かったが、それも今はなく、後は腫れが引くのを待つばかりである。

 それにしてもハエをちょっと大きくしたような、あの土蜂の毒がこれほどだったかと、思い知ることであった。

 日がな一日デスクワーク、夕方には心地よい通り雨。明日は野に・・・。
              「昨日の写真」
              
              ムラサキアブラシメジモドキ Cortinarius sarol カサ径約5cm。モドキがつかない種を見たいものだ。
              
              コウモリタケ Albatrellus lithophylloides 株の径約12cm。大きいものは40cmくらいのものもある。
         
         アシブトニガイグチ Tylopilus clavipes カサ径約6cm。柄は長く、下部は極端に太くなる。
         
         バライロアミアシイグチ Boletus peckii カサ径約5cm。カサの色と柄の赤い網目が特徴、青変する。
         1本だけぽつんと生えていた。ここでは初めて見る。カサはまさにピンキッシュ。
              
              同上 柄、管孔の様子。
              
              クロチチダマシ Lactarius gerardii カサ径約7cm。低地からやや高地まで見られるようだ。
              
              ナラタケ? Armillaria mellea カサ径2cm弱の小形でちょっと自信がない。
              
              ケショウシロハツ Lactarius controversus カサ径約10cm。これも平地の森でもよく見かける。
         
         シュイロガサ Hygrocybe suzukaensis カサ径約4cm。あんよの太さはなかなか魅惑的。スギの植林地で目立つ。
              
              タマゴタケモドキ Amanita subjunquillea 高さ6cmばかりの幼菌。学名はすべて『日本産菌類集覧』に当たるようにした。
              現用の種名の是非や推移など、勉強になることばかりである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオウラベニイロガワリ? | トップ | ホウロクタケ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えてください (Sより)
2010-08-17 06:29:52
いつも楽しい掲載ありがとうございます。毎日拝見しています。アシブトニガイグチというきのこが掲載されていますが、先日よくにたキノコを採取しました。
 このキノコについての記載は、どんな資料にのっているのか教えていただけますか?
アシブトニガイグチ (Y.K)
2010-08-17 19:21:05
こちらこそありがとうございます。
昨年の夏、広島県のモミ林で初めて見ました。
わたしが採取し、N先生が同定されました。それと同じあたりに生えていたもので、文献は手元不如意です。N先生が発表されたものがあるのでしょうが・・・。
ただわたし的にはニガイグチモドキに似ていて、柄の下部の太さと、カサの割合が小さいのが特徴ではと思っています。なお、学名は『日本産菌類集覧』で見ました。
つたない答えで申し訳なく思います。
ありがとうございます (Sより)
2010-08-17 21:38:49
長沢先生からとの情報で、アシブトニガイグチの論文、1985年の第29回菌学会の講演要旨集に載っていることが判明しました。ありがとうございます。
ありがとうございました (Y.K)
2010-08-18 13:17:12
菌学会の講演要旨集に載っているのですね。『日本産菌類集覧』には学名の後に(nom.nud)とあり、よく見れば、ラテン語の記載文や判別文を伴わずとあり、正式に発表されたものではないようですね。
教えていただきありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事