映画批評ってどんなモンダイ!

映画批評と映画自身について、映画批評に触れながら考えてみようなんて志高くの映画考察の映画部屋。完全ネタばれ。でも読んで!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ヒア アフター』

2012年06月15日 23時44分25秒 | サルコジ演説
ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]
クリント・イーストウッド,スティーヴン・スピルバーグ,ピーター・モーガン,キャスリーン・ケネディ
ワーナー・ホーム・ビデオ


『ヒア アフター』 2010年(米)監督クリント・イーストウッド


 文学総合Web情報誌『文学金魚』

連載批評「映画の表現型」に僕の『ヒアアフター』の映画批評が掲載されています!

『ヒア アフター』―死で結ばれた絆―

今後とも、よろしくお願いします。










この記事が気に入りましたら、
下記のバナーをポチッと押して、投票お願いいたします(・∀・)♪
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サスペンスとは何か? | トップ | 『J・エドガー』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感銘しました (名無し)
2012-01-15 03:22:10
素晴らしいです

とてもいい記事をありがとうございます
ありがとうございます (ヒッチ)
2012-01-15 10:43:19
ありがとうございます。
具体的にこの記事のどこが良かったかなど聞かせてもらえたら嬉しいです。
これからもご愛読よろしくお願いいたします。
Unknown (Quest)
2012-03-14 19:33:33
度々失礼します。

照明技師への言及がとても良かったと思います。
イーストウッドの映像が現代性を含んでいるなら、それは「暗さ」と「いい意味での粗さ」によってもたらされていると感じていたので、非常に納得できる記述でした。

個人的には、この作品は脚本に弱点があると思っていて、その部分が過去の傑作群に比肩しきれてない部分かなと感じました。
Unknown (ヒッチ)
2012-03-15 16:43:25
確かに脚本に問題がありますね。しかし私は脚本が粗雑だとか悪いとは思いませんでした。ただ主題に片寄りすぎている気がします(^^;
そのため主題を見出だせなかった観客にとっては退屈となってしまったのではないでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画レビュー「ヒア アフター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ヒア アフター [DVD]◆プチレビュー◆死と隣接した3人の男女が巡り会う物語。これまでのイーストウッド作品とは少し違う手触りだ。 【65点】 仏人ジャーナリストのマリー、霊能 ...
ヒア アフター (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組んだマット・デイモン。共演に『シスタースマイル ドミニ...
劇場鑑賞「ヒアアフター」 (日々“是”精進!)
「ヒアアフター」を鑑賞してきました「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマ...
『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え! (映画のブログ)
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
ヒア アフター (Akira's VOICE)
静かで前向きな物語。   
ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か~?英語で言や~Every Jack has his Jillや~(笑) (労組書記長社労士のブログ)
 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかなあ~って感...
映画「ヒア アフター」 (FREE TIME)
映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。
ヒア アフター (映画鑑賞★日記・・・)
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ...
映画「ヒアアフター」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポット...
【映画評】『ヒア アフター』 (天動説:遊学的映画批評)
原題:HEREAFTER 2010年/アメリカ/シネマスコープサイズ/カラー/129分 【スタッフ】 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ピーター・モーガン 撮影:トム・スターン 編集:ジョエル・コックス    ゲイリー・D・ローチ 音楽:クリント・イーストウッド 【...
ヒア・アフター  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  セシル・ドゥ・フランス  フランキー・マクラレン  ジョージ・マクラレン   【ストーリー】 ジャーナリストのマリーは、東南アジアで津波に飲み込まれ、呼吸が停止した時に不思議な光景を見る。サンフランシスコ―かつて霊能力者と...
「ヒアアフター」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者...
ヒア アフター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま....
『ヒア アフター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
『ヒア アフター』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、...
ヒア アフター (銀幕大帝α)
HEREAFTER/10年/米/129分/ファンタジー・ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル 音楽:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン....
mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『イン....
「ヒアアフター」(HEREAFTER) (シネマ・ワンダーランド)
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作...
ヒア アフター (Hereafter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た...
傑作ではなく佳作止まり 『ヒアアフター』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランスアメリカ映画 2010年 ・・・・・・ 6点
ヒア アフター (本と映画、ときどき日常)
監督 クリント・イーストウッド 出演 マット・デイモン     ブライス・ダラス・ハワード     ジェイ・モーア 使者と交信できる男、臨死体験した女性、双子の兄を失った少年。 それぞれが死後の世界に囚われていった物語。 冒頭の津波のシーンの迫力。 そ...