波乱の海をぶじ目的地へ

現世は激しく変動しています。何があるか判りませんが、どうあろうと、そんな日々を貧しい言葉でなりと綴っていけたらと思います

靑嶺

2017-06-06 09:05:55 | 散文


終焉に

ありて人呼ぶ

薄靑嶺

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の朝2 | トップ | 夏野 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散文」カテゴリの最新記事