DAY BY DAY

その先へ

小安峡~川原毛地獄へ(2016年5月)

2017年07月16日 | 秋田県
小安峡~川原毛地獄へ(2016年5月)




AM3:00・・・久しぶりに東北方面へ向けて出撃した。









東北道を利用する時の、最初の休憩ポイント。
ここで体を目覚めさせ、さらにここから220kmほど走り、高速から離脱。
R47→R457→R398へと進み、









新緑が眩しかった~(^^) いい天気に恵まれたぞ(笑)



















やがて秋田県へ突入。右折すると栗駒方面ですが、まだ通行止。
せっかくなので、名残惜しむ雪の壁?とともに・・・



















さらに、新緑の中を快走して・・・









朝から実に清々しいツーリングを堪能したところで、小安峡へ到着。
まずは総合案内所で車を停め、川沿いを歩いて行くつもりだったが、



















ところが!! あると思っていた川沿いの遊歩道が見当たらないぞ!?
と言うより、どう見ても遊歩道があるようなロケーションではない。
ネットで下調べしたつもりがだったが・・・

やれやれ(ーー;) ここから少し走らせたところで、









なぁ~んだ、ちゃんと駐車場(無料)があるんだねぇ。









連休も終わった後だったので、ほぼ貸し切り状態。ここから川面へ向かって下りて行く。














写真では伝わらないが、実は、かなり下って行くのであった。
下りてくると、既に硫黄の臭いが漂う。














おおおおおおっ!!!!!まさに、地球の息吹・・・





























1814年、江戸の紀行家が自らの著に克明に記録したとされているが、
地元では、それ以前から知られていたんだろう。

地球規模の現象を目の当たりにすると、人間なんて非力だと、改めて痛感する。
・・・と悟った?所で、戻ることに。折角なので、階段の数を数えながら(笑) 

途中で分からなくなってしまい(沈)多分・・・280段前後だったかと(やれやれ)
駐車場で呼吸を整え(笑) R398を湯沢方面へ進みます。














日本三大うどんの一つ、稲庭うどんであります(^^)
頂き物で何度か食べたことありますが、現地へお邪魔は初めて。
出来ればお店で食べたかったけれど、11時からと言うことで、30分以上は待てず、残念!

お土産を買い込み、R398を戻り、途中で右折して県道51号線~県道310号線を進む。
細い道をクネクネ、泥湯温泉を通り越して進んで行くと、









川原毛地獄へ遂に来た!・・・メディア等で紹介され、ずっと気になっていた所だ。
硫黄?の臭いが凄いし、見たことの無い妙な虫が多く飛んでいて、ちょっと戸惑うが。

でも、この光景はスゴいね~まるで火星?(行ったことないけど)



















無機質な光景の中に、青い空白い雲、そして新緑の息吹が混在する。










ここはホントに火星?(行ったことないけど)・・・などと、自分の存在位置を確かめたりして。

一部規制区域があったりするし、妙な虫は気になるし、自分ひとりしかいないし・・・で、
いつもは大胆な筈が、この日は何時になく慎重或いは臆病で、遠くまで散策できず・・・だった。


さてさて、ここまでで大分長くなってしまったので、続きは次回へ持ち越しってことで(^^;;



ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
« 琵琶湖西岸を巡る(2016年4月) | トップ | 仙秋サンライン~花立峠越え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。