静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

書評 067 「ロックの英詞を読む~世界を変える歌~」  ピーター・バラカン 著 2016.5.刊  集英社

2017-03-06 16:38:26 | 書評
 ≪ 書評 066 ≫でバラカン氏(PB)の「ラジオのこちら側で」を紹介した。あれは放送メディア経歴を通した幅の広い文化論ともいえる内容だったが、こちらはPBが好きなロックナンバーを紹介しつつ、歌詞が秘める様々な社会への怒り、不条理への叫びなどを解説する構成である。
 その怒りや叫びは、経済格差に関するものもあるが、寧ろPBの視線は民族/人種差別を受ける側に向いている。 彼自身、白人で植民地主義の極みだった大英帝国の末裔であることの痛い自覚に苛まれているように読めるのだ。 それは歌詞の英語が示唆する内容を解き明かす文意に注意すれば、誰にでも伝わると私は思った。
 日本語の書名タイトルは<ロックの英詞を読む~世界を変える歌~>、一方、PB自身がつけた英語タイトルは・・Rock Between The Lines. Songs. With A Conscience・・・これでPBが言いたかった事とは、『歌の行間に滲む”良心”を読んで欲しい』というものである。 この違いには、単なるキャッチフレーズ優先ではない、出版社の何某かの憚り(良心という言葉への)があるのかもしれない、と直感した。

 ところで、私は前の書評コラムにおいて、クラシック音楽との対比で”ポップス音楽には現実生活との共時性がある”と述べた。 集英社が付けた日本語タイトルの<世界を変える>に、偶然ではあろうが、私の感じ取った特徴と共鳴するものが若しあったなら、PBの意図した(良心という言葉への憚り)以上の価値を編集者は見出したのかも知れない。  仮にそうなら、それはそれで良い。

 それにしても Conscience という語を選ぶバラカン氏の視線の奥には、大衆音楽を通した日常生活への慈しみがあり、如何なる人権侵害や不条理にも声を上げる彼の「良心」がある。 我々日本人の多くが【スピードと効率/物的豊かさ】を追うことで、人生や社会/国家の在り方までも善しとする習性を身に着けてしまった浅ましさとは対極にある態度だ。 此の習性は、今朝書いた別のコラムに綴った<ソロバンと前垂れ丁稚根性>のことでもある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ 自民党ひとり勝ちは 日本... | トップ | ≪ ことさらに攻撃目標を名指... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

書評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL