静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

つぶやき 013 ≪ 「風に吹かれて」自筆原稿が競売に? ≫  ボブ、お前もか!   N賞に続く偶像破壊 

2016-12-07 13:36:14 | つぶやき
 ◆ ディラン氏自筆歌詞を競売 「風に吹かれて」 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06HCE_X01C16A2000000/?n_cid=NMAIL001
 ⇒ 此の記事を目にして、驚き、落胆、幻滅といった感傷に襲われたのは私だけではあるまい。 記事の横に添えられた鉛筆書き原稿の写真を見て戴きたい。
   眺めていると、良き時代のアメリカの片田舎に居た純朴な青年の声と心が彷彿と湧いてくるではないか・・・。
     先日のノーベル平和賞受賞を巡るドタバタ、未練たらしさ、曖昧模糊たるイメージ。 これだけでも往年のファンの胸にしまっておきたい<フォークの神様> 像は
   見事に砕けたというのに、おいおい、今度は寄りによって 自筆原稿をカネに替えるのかい?    オー~!!

 そりゃ、70半ばともなれば短い先に思いを馳せねばなるまい。愛する家族が居るなら、少しでも楽をさせたい、との気持ちもあろう。人情だ、咎めはしない。
 売るのは感心しないが、かといって「~記念博物館」なんてモノを建て、そこのガラスケースに鉛筆書きの歌詞原稿が鎮座してるってのも、これまた戴けない。

 然しだ、然し。 まるで懐メロ番組に性懲りなく顔を出す往年の流行歌手を視る時のような気持にさせないでくれよ、ボブ。 
   フォークソングで青年期を送った世代には、世の移ろいが ひときわ堪える年の瀬になっちまった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ ”日本会議の伸張”は 国民... | トップ | ≪ 真珠湾慰霊訪問 vs 中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL