静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

≪ 日本国民が 安倍晋三が焦って求める改憲で得るモノは いったい何だろう? ≫

2017-05-17 22:01:33 | 時評
★ 安倍の狙いは9条の空文化か? https://mainichi.jp/articles/20170517/dde/012/070/014000c?fm=mnm
・ 今回、はっきりしたのは、首相は自民、公明、日本維新の会の3党だけの合意でも発議したいと考えていることだろう。
・ しかも首相側近は「高村正彦・自民党副総裁が公明党の北側一雄副代表と調整するのがいい」と言っている。安保法制と同様、水面下で話し合い、国会の
  表舞台に出てきた時には、他の意見を排して数で押し切るといういつもの手法なのだろう。 ← 憲法という大事なものをこういう扱い方で?
 
 ⇒ 「多数決で最後は決議する」という方法は、<代議制民主>の基本原理だと小学校で教わった。 それは、昔の王侯貴族のように一人の強権的圧政者が
   全てを決める仕組みではなく、様々に違う意見を持つ人の考え方/価値観が公に知らされ、それが平等に公開されたあと、急いで決めなければイケナイ必要に
   迫られたなら、ようやく採用する方法論である。  そう、教わった。 

何ごとであれ、大事なテーマであればあるほど急いではいけないし、50/50に近い比率で国民の考え方が割れている間は、多数決原理を恃んだ無理をしてまで一人の政治家が押し通すことは、人品を超えて非難されるべき愚挙ではないか???
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ 今朝の つぶやき:3題 ... | トップ | ≪ 政治家の縁故利用を野放し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL